ニュース

三菱UFJ銀行とGrab、資本業務提携へ[デジタル金融]

記事のポイント

  • 三菱UFJ銀行とGrab、資本業務提携へ
  • 東南アジアのGrab、デジタル金融への動き
  • 戦略地域として注目される東南アジアと金融

日経新聞は株式会社三菱UFJ銀行がシンガポールに本社を構える東南アジア最大手のGrab(グラブ)に最大800億円を出資し、資本業務提携を行う予定であることを報じた。スマホ1つでサービスを利用できるアプリとして広く利用され、デジタル技術に強みを持つGrabと提携することで、三菱UFJ銀行が提供するデジタル金融サービスにも変化が見られることが期待されている。

 

三菱UFJ銀行とGrab、資本業務提携へ

2月19日、日経新聞は株式会社三菱UFJ銀行がシンガポールに本社を構える東南アジア最大手のGrab(グラブ)に最大800億円を出資し、資本業務提携を行う予定であることを報じた。これに対して三菱UFJ銀行は同日「シンガポール共和国に拠点を置く 配車大手との資本・業務提携に関する一部報道がございましたが、当社から公表したものではありません。」と声明を発表した。

 

東南アジアのGrab、デジタル金融への動き

Grabは東南アジアで「配車・食事宅配・金融」事業を展開しており、スマホアプリ一つで日常生活にかかわるサービスを利用できることが強みとなっている。すでに金融事業として決済サービスを手掛けているGrabだが、融資などの金融商品を広げるには返済能力の判定や貸出金の回収などの仕組みが欠かせない。ここで三菱UFJ銀行は、これまで金融業を営んできたノウハウ、法規制への対応支援といったものを提供する。これに対しGrabは東南アジアを戦略地域に位置付けている三菱UFJ銀行が同社の金融サービスを提供する基盤を提供するという形となる。

【三菱UFJ、デジタル化促進へ[デジタル通貨・STO・決済ネットワーク]】で報じた通り、MUFGはこれまでデジタル事業を統括してきた亀沢宏規副社長が、社長兼最高経営責任者に昇格することとなり、デジタル化を加速させる方針が明らかとなった。今回の提携ではGrabが強みを持つ人工知能(AI)やデータ解析技術を取り込むことも狙いの1つとされており、国内で展開するネットバンキングの強化・改善に役立てることも検討しているとされている。

 

戦略地域として注目される東南アジアと金融

「東南アジアを戦略地域に位置付けている三菱UFJ銀行」としたが、カンボジアへのネット銀行参入を目指し合弁会社設立計画を発表したリネットジャパンとソラミツ、フィンテックに強みを持つSBIの東南アジアへの銀行業参入準備と世界的に「東南アジア」は注目されている。

世界銀行の統計によると、カンボジア国民の15歳以上の銀行口座開設率が20%程度。インドネシアでは約50%、フィリピンやベトナムは約30%という数値になっている。これは新興国においては決して珍しい数値ではなく、銀行口座普及率が50%以下という国々は多く存在しており世界人口の70%はこうした銀行口座普及率が低いために金融サービスにアクセスできない状況となっている。

こうした状況である要因として銀行やATM・窓口といった物理的なインフラ整備が行われていないことが挙げられている。しかし新興国ではスマホ普及率は100%を超えるなど広く浸透しており、この「スマホ」を活用したデジタル金融サービスを提供し顧客を獲得することが戦略として掲げられているのである。これからの成長が期待されながらも、絶対的な銀行サービス基盤を持たない東南アジア諸国は金融業から大いに注目されているのである。

 

関連記事

 


  • 参考:日本経済新聞[三菱UFJ,配車グラブに800億円出資 スマホ融資展開]
  • 株式会社三菱UFJ銀行[本日の一部報道について]
  • ※本記事は暗号通貨関連情報の共有・説明を目的としたものであり、暗号通貨投資を勧めるものではございません。投資を検討する場合には暗号通貨が法定通貨と異なり、価値が保障されているものではないということを理解したうえで、事業内容、金融庁に登録積みであるかなど企業情報をよく確認し、リスクを十分に理解して、自己判断・自己責任で行ってください。

関連記事

  1. 【XRPトークンも!!】ウェスタンユニオンがリップルの技術をテスト

  2. フィリピン、暗号通貨関連犯罪の厳罰化

  3. ブラジルの中央銀行がブロックチェーン研究

  4. G20財務大臣・中央銀行総裁会議開催[暗号通貨への動き]

  5. 昨日(6/10)のニュースまとめ

  6. 昨日(12/6)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

改正法施行は5月[利用者保護のための業者に求める情報管理]

ニュース

昨日(4/3)のニュースまとめ

ニュース

都内を中心に脱税スキームが跳梁跋扈[コインの森管理人]

ニュース

電緑、水産庁から調査研究を受託[産業保護のためのブロックチェーン]

ニュース

中国、暗号資産取引に関する注意喚起

ニュース

Factom(FCT)運営企業、解散手続き[資金難で]

ニュース

HuobiWallet、Credと提携[借入・貸出・利息]

コラム

FXトレーダーへの道 “初代仏のR特別講義”