ニュース

カナダでICOトークンが証券の定義に該当すると発表

いろいろと規制が続くアメリカ。

そんなアメリカと同じ大陸に存在するカナダの証券監督局が、初めてコイン・オファリングまたはICOについて発表を行った。

オンタリオ州の規制当局が3月にICOに関するアドバイザリーを発表した後、米国証券取引委員会がその規則が一部のトークン販売に適用される可能性があると述べた。

今回の告知は、ICOの立ち上げと管理に関わる企業の要件と、後でその資産を取引のためにリストアップされている取引所の概要を示している。

そこには、多くの場合、オファーや手配の全体が考慮されると、コイン/トークンは適切に証券と見なされるべきであると書いてある。 また、証券法が適用されるかどうかを評価するにあたり、物質を超えた形態を検討するとも記載されているよう。 このようにカナダでもICOトークンの立場が難しいものとなってきているようだ。

以前、アメリカが規制を強化している面からか、Bitfinexがアメリカでのサービス撤退のニュースをお伝えした。

大手取引所であるBitfinexでさえ撤退を強いられるほどの規制がアメリカで決定する中、同じアメリカ大陸であるカナダもまた規制を強めてしまうのであろうか。

欧州では軟化している印象の仮想通貨事情、アメリカがこのような姿勢を見せることが吉と出るか凶とでるか、それがこれからの注目すべき点であろう。

<< 関連記事 >>

・カナダ中央銀行、仮想通貨開発へ

・Bitcoin取引所Kraken、カナダでサービス開始

↓ ↓ ↓ コインの森公式Twitter ↓ ↓ ↓

2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. PayPal共同創業者がブロックチェーンに言及

  2. Bitfinexが顧客サポートに関する懸念事項に対処

  3. ロシア大統領プーチン氏、仮想通貨について言及

  4. 北朝鮮ハッカーがビットコインを盗んだと確認

  5. 米著名投資家アイカーン氏、仮想通貨に手を出さない

  6. EUで暗号通貨の犯罪に罰金を検討

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

ニュース

【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっていた

ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

ニュース

Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める

ニュース

テレグラムのICOは既に900億円調達済

ニュース

スイスはICOのガイドライン発表

ニュース

コインベースが大規模決済サービスへ