ニュース

ビットコインの取引所50社がライセンス申請

2017年8月時点で50のビットコイン取引所から登録申請を受けたと、金融庁が発表した。

 

当局は、仮想通貨を扱う取引所がユーザーを守るための措置を講じているかについて、検討を開始しているという。

取引所が増えるというのは、ユーザーにとってありがたいことであり、若干迷惑な話でもある。選択の自由が出来るというのはありがたい事である。しかしながら、日本人というのは、自由な状態に弱いという側面もあるように思われる。このせいでユーザーになりたい層は難しいと考えるのではないだろうか。

それも50社という数が増えるのだから余計に困ると予想できる。この業界が日本でもどんどん推進していくことはもちろん喜ばしいことであるが、それにより少々複雑になってしまう可能性が膨らむかもしれない。

今年の4月に日本政府は、ビットコインを法的支払い方法として認めるため、資金決済法を改正した。これにより、どんどんと多くの企業がビットコインでの支払を可能にしている。

これが成功するかどうかは、まだ誰にも分からないことである。しかし、最近のビットコインの高騰ぶりを見ると、ビットコインバブル、もしくは仮想通貨バブルというものが来る気配もしてくる。

この先、世界の経済が仮想通貨を通じて変わってくるということが肌に感じることが出来るであろう。

 

 

<< 関連記事 >>

・CAMPFIREが仮想通貨取引所を開設

・中国の三大取引所が仮想通貨に取引手数料を導入

・大手取引所QUOINEが約17億円を調達、本社も日本に移転へ

・ビットコイン取引所「Zaif」、1日当たり取引高20億円突破

関連記事

  1. マウントゴックス破産財団の売却影響で20%下落する可能性も

  2. XRP(リップル)が詐欺に使われる

  3. 改正資金決済法がついに施行

  4. ロシアの暗号通貨戦略

  5. アメリカ税務当局が「仮想通貨は完全なる課税対象」と明言

  6. トルコとイランも独自の仮想通貨発行を検討中

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

ニュース

XRPは有価証券になるのか

ニュース

ライトニングネットワーク(LN)とは?

ニュース

千葉県警が暗号通貨などに関する研修

ニュース

ライトニングネットワーク上でポケモン

ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ

ニュース

bitFlyer,当局に対して事実と異なる説明

ニュース

金融庁の目指すもの