ニュース

ロシアのバーガーキングが自社で暗号通貨を発表

ハンバーガーチェーンであるバーガーキング・ロシアは、プレスリリースでブロックチェーンプラットフォームであるWavesを使い、独自の暗号通貨であるワッパーコインを発行したと発表した。

 

このワッパーコインという名称は、同社で最も人気のあるハンバーガーのワッパーに因んだものだ。通貨の発行済み枚数は10億枚で、追加発行もあり得る。

同社では、ワッパー・バーガーの購入者がそのレシートをスキャンデータで送信すれば、ワッパーコインを仮想通貨ウォレットで受け取れるようにすることを計画しており、1個のワッパー購入につき、1枚のワッパーコインがもらえるという話だ。

またロシアから暗号通貨絡みのニュースである。ロシアというのは再三ニュースでお伝えしている通り、暗号通貨への参画が非常に甚だしい国である。それは、どうやら国だけでなく企業についても言えることのようだ。

しかも、このバーガーキングは、今月初め頃にビットコインの支払いを検討しているというニュースをお伝えしたばかりだが、それだけでなく、自社独自の仮想通貨を発表したというから驚きである。

ワッパーという、バーガーキングに行ったことのあるものならば、一度は聞いたことのある名称。それを代名詞としたこのワッパーコインだが、これは流行るのであろうか。

仮想通貨というのは、現在支払い方法という側面よりも、正直に言えば投資として利用している面が大きい。それなのに自社限定の仮想通貨というのは、面白い試みである。

どちらかと言えば、ポイントカードのポイントのようなものと考える方が妥当なのかもしれないが、その価値の増減がより顕著になるところに投機家は魅力を感じるようだ。

 

<< 関連記事 >>

・ロシアのバーガーキングがビットコイン決済を検討か

・ロシア最大の取引所がブロックチェーン技術を決済利用へ

・ロシアの保健省、ブロックチェーンの試験導入開始

・ロシア、中国に対抗してビットコインのマイニングに1億ドルを用意

・ロシア連邦中央銀行が分散型台帳技術の取引実験に成功

関連記事

  1. グーグル、仮想通貨広告に関しより厳しい基準導入か

  2. 自主規制まとめ[日本]

  3. 仮想通貨「WeToken(ウィートークン)」とは?【PR記事】

  4. 韓国、取引所12社へ契約内容改善の指示

  5. コインチェック問題を受けてハードウォレット品薄か

  6. バミューダ政府がブロックチェーンのチームを編成

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ