ニュース

ビットフライヤーがアメリカへ展開か?

 ビットコイン取引所大手のビットフライヤーアメリカ進出への意気を見せているようだ。国内の仮想通貨取引所が海外で事業を展開するのは国内初となる。

 サンフランシスコに本社の事務所を開設する予定であり、同社の代表者は、ビットフライヤーが34州での立ち上げ承認を得たと述べた。2017年の秋には、開設を見込んでいる。

 ビットフライヤーはビットコイン取引の市場を最初に立ち上げる予定だが、将来的にはより多くの暗号通貨の取引を考えているようだ。取引所が示す目標は、来年中に他の取引ペアと商品をサポートするように拡大するとのべている。

 ビットフライヤーといえば、日本で仮想通貨取引所の大手である。この大手がアメリカ進出を目論んでいるという。アメリカでは日本と違い、州ごとの法律が厳しく、特にワシントンではこの仮想通貨に対する法律が厳しくなってきているようだ。  そんなアメリカに進出しようとしているのは、おそらくこれからの仮想通貨業界の発展を見越してのことに違いない。

 法が厳しくなるというのは、それだけ州が仮想通貨に対し、今後も広がっていく可能性がある考え、その悪用をさせないため、早期に手を打ちたいと考えているからであろう。  そう考えれば、厳しくなってきたからこそ大手が進出するというのは、納得のいく話だ。今後のビットフライヤーの活躍を個人的に応援していきたい。

<< 関連記事 >>

・bitFlyer、三井住友海上と仮想通貨取引所向けのサイバーテロ保険を開発 

・ビットフライヤー、約30億円の資金を調達

・国内取引所BitFlyer、欧州進出準備 

関連記事

  1. Bitpayがビットコインキャッシュを導入

  2. ついにAppleでもリップル採用

  3. 政府、「暗号通貨は電子決済手段」[インド]

  4. 仮想通貨の新団体は「みなし業者」を排除か

  5. EOS、12個のバグが発見される

  6. 中国、真の理想郷となるか[AI/ブロックチェーン技術/顔認証]

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ