ニュース

ビットコインキャッシュの価格が1,000ドル近くになる

分裂騒動があり、どうなるかと思われていたビットコインキャッシュが1,000ドルに急上昇している。分裂した当初はイーサリアムのような末路を辿ると見ていた人も多くいたかもしれないが、現状はこのようになった。 

 

ビットコインプロトコルの代替バージョンになるcryptocurrencyは、今日のセッションで920ドル以上の高値に達した。これは24時間前の543ドルの価格から70%以上上昇となる。

これは、韓国ウォンの強力な取引で、世界の取引所の数量が3倍以上になった時に発生するものだ。韓国ウォンの力も侮れないと言ったところだろうか。

Coinmarketcapからのデータによると、ビットコインの現金での24時間の金額は金曜日に30億ドルで、木曜日の7億4,400万ドルから水曜日にはわずか1億600万ドルとなった。しかし、取引量の増加は最新の兆しでもあり、8月1日のビットコインの分裂以降、どうなるかと予想されていたが、現実はビットコインの急騰と同じく、こちらも急騰している。

ビットコインの分裂騒動以降、日本ではビットコインの急騰ばかりがニュースになっており、分裂したもう一方のビットコインキャッシュも忘れてはならない。

なんとこちらも急騰を続けているのだ。ビットコインの方がニュースでも馴染んでいるため、そちらを買う層は多く急騰を続けている。しかし、これから買いたいと思うには、1ビットは高過ぎてちょっと二の足を踏んでいる。また、急騰を続けているからこそ、急降下が怖いと考えている方は、もしかしたら、ビットコインキャッシュという逃げ道があるのかもしれない。

何度も言うが分裂騒動が起きた。これは今月初めのことである。そのため、完全にどちらが安全、どちらが不安と割り切ることなど出来ない。どちらを買うにしても、気を付ける必要があると言えるのは、間違いない。

 

8月21日15:28時点でのビットコインキャッシュ 0.17797244฿

 

 

<< 関連記事 >>

・分裂騒動の対応

・分裂騒動について

・分裂危機にビットコイン取引所が連名で共同声明

関連記事

  1. 仮想通貨の格付けイーサがビットコインを上回る

  2. XRP,取引所へ続々上場

  3. ブロックチェーンで綿花が取引される。

  4. ビットコインキャッシュがコア

  5. GS、BTCの劇的な下落を警告、潜在的に6000ドルも

  6. bitFlyer USAが事業開始

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ