ニュース

アマテラスコインとは別物の[AMTRS]とは[コインの森何でも相談]

質問のポイント

  • アマテラスコインとは別物の[AMTRS]とは
  • 似名称のコインが存在しないとは断言できません
  • ICOの流れとホワイトペーパー

いつもコインの森をご愛読いただき誠にありがとうございます。今回、新たな質問が寄せられたので、回答させていただきます。コインの森ではページ下の「問い合わせ」からいつでも無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。内容によっては対応ができない場合もございますが、ご了承ください。また相談をされる際は、当サイトの返信メールを受信できるよう、ドメイン「coinsforest.com」の受信許可設定をお願いいたします。拒絶された場合の再送信は致しませんのでご了承ください。今回の質問は以下のものになります。

IEOのアマテラスコインとICOAMTRS (AMATERAS)は別物だと説明されました。私が詐欺ではないかと指摘したとき、それ(IEOのアマテラスコイン)はヤバいやつやけど、これは違う。と。本当にそんなコインがあるのでしょうか。

 

回答:類似名称のコインが存在しないとは断言できません

質問者様のご友人が主張する通り、「IEOのアマテラスコインとICOAMTRS (AMATERAS)は別物」である可能性もあります。暗号通貨は時価総額上位のコイン以外にも把握できないほど存在しており、国内で詐欺として有名な「アマテラスコイン」と類似しているだけの別物のコインである可能性も存在します。

しかしながら「別物」であるとご友人が断言なさっていても、別物であるという証明ができない場合には「別物のコインとして存在している」とは断言できません。別物であると主張するご友人から、暗号通貨の総発行量・発行の仕組み・発行者・プロジェクト責任者・開発ロードマップなどの情報が記載されているホワイトペーパーを取得し、確認を取らなければ「本当にそんなコインが存在するのか」判断することはできません。

しかしながら、投資勧誘時に正式な情報を提示せず、取引所情報も開発状況も一切開示されていない時点で、質問者様が勧誘を受けたコインが仮に[IEOのアマテラスコイン]とは別物であったとしても、危険性が高いことには変わりません。下記の行政機関に相談することをお勧めいたします。

  • 金融サービス利用者相談室 0570-0168811
  • 消費者ホットライン    188
  • 警察相談専用電話     #9110

 

ICOとホワイトペーパー

ICOは基本的に以下の順で進んでいきます。

  • ホワイトペーパーの公表
  • プライベートセール(私募)
  • クラウドセール(公募)
  • 取引所への上場

まず「ホワイトペーパー」の公表がネット上で公開されます。これはプロジェクトの技術的な説明のほか、発行する暗号通貨の機能や特徴、具体的な開発・運用日程を示したものとなっており、投資信託などでいう交付目論見書にあたります。具体的な計画書のことです。

投資を行う方は、この公開されたホワイトペーパーを読み、将来性があるかどうかを判断し投資するかしないかを決定します。つまり、こうしたホワイトペーパーのような具体的な計画書が存在しないICOプロジェクトは詐欺の可能性が非常に高いです。詐欺でなくとも、投資家たちは判断材料がないため、資金を投じる人はかなり限られるでしょう。

ホワイトペーパー公開後、プライベートセールが行われます。こちらでは一般的に公開されるクラウドセールより価格が割引されるものの一人当たりの最低購入数量・最低出資額などが定められているなどの条件が課せられています。クラウドセールでは一般公開され、プライベートセールよりも割高になるものの、少額からの参加が可能になっています。

これらプライベートセール・クラウドセールが終了したのち、取引所という暗号通貨取引を扱っている場に上場することで、一般的な取引市場において自由に売買することが可能となります。

 

関連記事

 


  • コインの森ではいつでも無料相談を受け付けておりますが、すぐさますべての質問に対して対応できるわけではなく、回答までに多少お時間をいただいてしまいますことを予めご了承ください。また、メールでの回答をさせていただいても、拒否設定になっている場合はお返事ができませんので設定確認をお願い致します。
  • ※本記事は暗号通貨関連情報の共有・説明を目的としたものであり、暗号通貨投資を勧めるものではございません。投資を検討する場合には暗号通貨が法定通貨と異なり、価値が保障されているものではないということを理解したうえで、事業内容・企業等をよく確認し、リスクを十分に理解して、自己判断・自己責任で行ってください。暗号通貨は必ずしも裏付けとなる資産を持つわけではなく、価格が急騰・急落する可能性のほか、突然無価値になってしまう可能性も存在します。取引を行う際にはその可能性を十分理解してから行ってください。また、暗号通貨を悪用した詐欺も増えておりますので、悪徳商法や詐欺には十分ご注意ください。

関連記事

  1. ツイキャスでMONA/BTC導入 

  2. ウクライナ、暗号通貨監視強化[EUでの資金洗浄対策]

  3. 【速報】韓国政府「仮想通貨規制担当」が自宅で不審死

  4. ビットポイントジャパン、特別損失を計上[調達資金はセキュリティ強化へ]…

  5. ユニセフ、PCゲーマーにマイニングによる寄付を要請

  6. Microsoft ブロックチェーンの新たな活用法研究

PAGE TOP

ニュース

BIS,ウイルスの影響でデジタル決済促進の可能性指摘

ニュース

Binance、プレリリースからVISA削除[取引所の信頼]

ニュース

スペイン、収税強化[暗号資産収益や海外口座資産に対して]

ニュース

改正法施行は5月[利用者保護のための業者に求める情報管理]

ニュース

昨日(4/3)のニュースまとめ

ニュース

都内を中心に脱税スキームが跳梁跋扈[コインの森管理人]

ニュース

電緑、水産庁から調査研究を受託[産業保護のためのブロックチェーン]

ニュース

中国、暗号資産取引に関する注意喚起