ニュース

詐欺にあったらどこに相談すれば?[コインの森何でも相談室]

質問のポイント

  • 工藤優作さんの詐欺被害に遭ってしまいました
  • 詐欺被害に合った際の対処法
  • 警察、消費者センター、法テラス

いつもコインの森をご愛読いただき誠にありがとうございます。今回、新たな質問が寄せられたので、回答させていただきます。コインの森ではページ下の「問い合わせ」からいつでも無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。内容によっては対応ができない場合もございますが、ご了承ください。また相談をされる際は、当サイトの返信メールを受信できるよう、ドメイン「coinsforest.com」の受信許可設定をお願いいたします。拒絶された場合の再送信は致しませんのでご了承ください。今回の質問は以下のものになります。

最近工藤優作さんの詐欺被害に遭ってしまいました……どのような対処をとればいいかわからずこちらからご相談させていただいております。

 

回答:詐欺にあってしまったら

詐欺被害に合われた場合には、まずは行政機関に相談することをお勧めいたします。行政機関へ相談することで適切な助言がもらえます。

  • 警察へ相談(警察相談専用電話 #9110)
  • 国民生活センターへ相談(消費者ホットライン 188)
  • 法テラスへ相談(0570-078374)

各機関の特徴は下記の通りです。質問者様の相談内容やどのように対応してもらいたいのかによって適切な相談先は変わりますので、ご自身で判断してください。

 

警察への相談

詐欺を刑事事件として扱ってほしい場合には警察へ通報することが適切です。加害者がどこのだれであるのか、どのような詐欺行為を行ったのか、詐欺行為を行った等証拠が存在するといった犯罪事実を証明できる場合には、警察に相談することが最適といえます。

「警察」に相談したい場合には、まず警察相談専用電話「#9110」を利用しましょう。全国どこからでも電話をかけた地域を管轄する警察本部などの相談窓口につながります。相談業務を専門に担当する「警察安全相談員」などの職員が対応してくれます。また、相談に対しては相談内容に応じて関係する部署が連携して対応し、指導、助言、相手方への警告、検挙等、相談社の不安等を解消するために必要な処置を講じてくれます。

  • 警察相談専用電話 #9110
  • 受付時間 平日午前08:30~17:15

 

国民生活センターへの相談

消費生活センター等では、商品やサービスなど消費生活全般に関する苦情や問い合わせなど、消費者からの相談を専門の相談員が受付、公正な立場で処理にあたってくれます。今後、どう対処したいか定まっていない方や警察や弁護士に相談するほどでもない、と考えている方が相談しやすい窓口となっています。

消費者ホットライン[188]を利用することで、最寄りの消費生活センターや消費生活相談窓口につながり対応してもらえます。消費生活に関する様々な相談・苦情を受け付けているため、消費者トラブルに関する相談はもちろん、トラブルに発展していない場合や契約に関して不安がある場合など様々な場面で気軽に相談できる窓口となっています。

消費生活相談員、消費生活アドバイザー、消費生活コンサルタントなどの資格を持った相談員や、それに準じた専門知識・経験を持つ相談員が解決のための助言を行ってくれるほか、弁護士や福祉関連などの専門相談機関への相談が適している場合には、適切な窓口を紹介してくれます。

  • 消費者ホットライン 188
  • 受付時間 平日09:00~17:00(自治体による)
  •    土日祝日10:00~16:00(自治体による)

 

法テラスへの相談

法テラス(日本司法支援センター)は、法的トラブルの解決をサポートすることを目的に設立された機関です。全国およそ60か所の事務所で、お問い合わせに合わせて、トラブルの解決に役立つ法制度や自治体、弁護士会、司法書士会、消費者団体など適切な相談窓口を案内してくれます。また、電話だけでなく、ホームページでも24時間メールでの問い合わせを受け付けているほか、法テラスによく寄せられる質問と答えが検索できます。

  • 法テラス 0570-078374
  • 受付時間 平日09:00~21:00
  •     土曜日09:00~17:00

 

まとめ

詐欺師というのは独自の情報ネットが存在します。例えば、ノアコインプロジェクトで詐欺師が得た個人情報を別の詐欺組織に売り渡し、別の詐欺案件に勧誘するといった手口が多く存在します。こうした金融詐欺においては被害者情報を売り渡された別の詐欺集団が、探偵や警察・弁護士を名乗り「被害を取り戻せます」「救済措置」とさらに個人情報や資金をだまし取ろうとするものが存在します。

質問者様がさらなる被害に合わないためにも、まずは素性のわからない弁護士や探偵への相談ではなく、存在が確かである行政機関に相談し、適切な対処法を仰ぐことをお勧めいたします。また、二次被害に合わないために電話番号を変更する・登録メールアドレスを変更する、または登録していないメールアドレス・電話番号からの連絡を拒否するなど、設定を変更することをお勧めいたします。

 

関連記事

 


  • 参考:警察広報オンライン
  • コインの森ではいつでも無料相談を受け付けておりますが、すぐさますべての質問に対して対応できるわけではなく、回答までに多少お時間をいただいてしまいますことを予めご了承ください。また、メールでの回答をさせていただいても、拒否設定になっている場合はお返事ができませんので設定確認をお願い致します。
  • ※本記事は暗号通貨関連情報の共有・説明を目的としたものであり、暗号通貨投資を勧めるものではございません。投資を検討する場合には暗号通貨が法定通貨と異なり、価値が保障されているものではないということを理解したうえで、事業内容・企業等をよく確認し、リスクを十分に理解して、自己判断・自己責任で行ってください。暗号通貨は必ずしも裏付けとなる資産を持つわけではなく、価格が急騰・急落する可能性のほか、突然無価値になってしまう可能性も存在します。取引を行う際にはその可能性を十分理解してから行ってください。また、暗号通貨を悪用した詐欺も増えておりますので、悪徳商法や詐欺には十分ご注意ください。

関連記事

  1. 昨日(11/13)のニュースまとめ

  2. 国内取引所BITPoint[取引所まとめ]

  3. ロシアが仮想通貨業界規制の法案「デジタル資産規制法」公開

  4. 【番外編】 コインの森・管理人の『BITPOINTで使えるMT4ってな…

  5. コインの森トレード学習講座[資産管理の重要性]

  6. フェイスブック、フェイスブックコイン真剣に検討へ

PAGE TOP

ニュース

ロシア、資金洗浄対策規制改定[暗号通貨関連取引]

ニュース

Arkcashの上場/サイトにアクセスできない[コインの森何でも相談室]

ニュース

ソフトバンク、キャリア間決済実証実験に成功[換金の必要なし]

ニュース

シンクロライフ、暗号通貨でeギフト購入可能に

ニュース

IOSCO、暗号資産に関する報告書発表[証券市場との共通論点]

ニュース

三菱UFJ銀行とGrab、資本業務提携へ[デジタル金融]

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”