ニュース

ミクシィのフンザが「Coincheck Payment」導入しチケットキャンプでビットコイン決済へ

 ミクシィグループのフンザは8月17日、同社が運営するチケット売買サービス「チケットキャンプ」において、サービス「Coincheck Payment」を導入し、コインチェックのビットコイン決済が可能になったと発表した。

フンザは、チケット業界として初めてビットコイン決済を導入。

Coincheckのウォレットを利用する場合は、チケットキャンプのシステム上からすぐに決済できるほか、Coincheckウォレット以外のウォレットを利用する場合でも、支払い時に表示されるQRコードを読み込むことで、決済が完了する。

 なお、ビットコイン決済については、現時点ではPC・スマートフォンのブラウザを使用してのみの利用となるが、iOS/Androidアプリへの対応も予定しているという。

 ビットコインでの決済が日本でもどんどん加速してきている。そして、ついにチケットサービスでも今回可能になったようだ。チケットサービスといえば、もとは電話対応のみで、多くのチケットユーザーが困っていたところに出現したのが、インターネット予約だ。

これにより、簡易的なチケット予約が可能になり、多くのユーザーが喜んだことであろう。 そして、今回ビットコインの決済が可能になった。しかし、それほど多くのビットコインユーザーが日本にいるとは思えない。日本でのSNSの先駆けをしたミクシィは、ここでも先駆者となれるであろうか。

<< 関連記事 >>

新宿マルイ アネックスが仮想通貨ビットコイン決済導入 

・メガネスーパーがビットコイン決済に対応

関連記事

  1. 認可を得ずに暗号通貨を取り扱うことは違法

  2. ユーロ銀行協会 「ブロックチェーンは銀行業の発展に役立つかもしれない」…

  3. ドバイ、BTC取引詐欺で2億円強奪犯を逮捕

  4. イタリアの規制状況

  5. 台湾が暗号通貨に反資金洗浄法

  6. 暗号通貨業界の育成の行方

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

基礎知識

【初心者向け】ICOとは

ニュース

ステラ・ルーメンズ(XLM)基盤のプラットフォーム

ニュース

昨日(7/18)のニュースまとめ

ニュース

マイニングで課金アイテムゲット

ニュース

CFA試験、暗号通貨・ブロックチェーン技術項目を導入

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?