ニュース

ミクシィのフンザが「Coincheck Payment」導入しチケットキャンプでビットコイン決済へ

 ミクシィグループのフンザは8月17日、同社が運営するチケット売買サービス「チケットキャンプ」において、サービス「Coincheck Payment」を導入し、コインチェックのビットコイン決済が可能になったと発表した。

フンザは、チケット業界として初めてビットコイン決済を導入。

Coincheckのウォレットを利用する場合は、チケットキャンプのシステム上からすぐに決済できるほか、Coincheckウォレット以外のウォレットを利用する場合でも、支払い時に表示されるQRコードを読み込むことで、決済が完了する。

 なお、ビットコイン決済については、現時点ではPC・スマートフォンのブラウザを使用してのみの利用となるが、iOS/Androidアプリへの対応も予定しているという。

 ビットコインでの決済が日本でもどんどん加速してきている。そして、ついにチケットサービスでも今回可能になったようだ。チケットサービスといえば、もとは電話対応のみで、多くのチケットユーザーが困っていたところに出現したのが、インターネット予約だ。

これにより、簡易的なチケット予約が可能になり、多くのユーザーが喜んだことであろう。 そして、今回ビットコインの決済が可能になった。しかし、それほど多くのビットコインユーザーが日本にいるとは思えない。日本でのSNSの先駆けをしたミクシィは、ここでも先駆者となれるであろうか。

<< 関連記事 >>

新宿マルイ アネックスが仮想通貨ビットコイン決済導入 

・メガネスーパーがビットコイン決済に対応

関連記事

  1. 暗号資産の未来への確信

  2. マウントゴックスウォレットから180億円もの資産移動

  3. 揺れる、インドの規制

  4. 韓国ICO禁止

  5. SNSで仮想通貨を稼ぐ夢のアプリ

  6. ジョージ・ソロス「ビットコインはバブル」

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]