ニュース

AMDがマイニング特化のGPU発表

 グラフィックス・カードメーカーのAMDが、暗号化のマイニングに特化した新しいソフトウェアを発表したようだ。

同社のウェブサイトで詳しく述べられているのだが、Radeon Software Crimson ReLive Edition Beta for Blockchain Computeは、マイニングに使用されるGPUのパフォーマンスを改善した新しいトークンである。

AMDのリリースは、ethereumブロックチェーンのネイティブ通貨であるetherなどのcryptocurrenciesの市場での価格上昇により、GPUの需要が高まっている中で行われる。

コンピュータがハードウェアコンポーネントと通信できるようにするソフトウェアであるドライバのリリースは、AMDが少なくとも短期間にマイナーを守ることを望んでいるということなのだろう。

AMDはドライバをベータ版として公開しており、今後のアップデート、アップグレード、バグ修正はサポートされないとしているようだ。 マイナーにとってGPUの発達促進が重要なのは、今さら言及するべき点ではないのかもしれない。

多くの企業、富豪と呼ばれる人間がマイナーとして活躍を見せる中、この発表がどれだけマイナーたちの動向を変えていくのだろうか。この発表を受け、新たにマイナーとして名乗りをあげる者がいるのか注目していきたい点である。

<< 関連記事 >>

・マイニングためにジャンボジェット機をチャーターしてしまう!?

・マイニング装置のセール?

関連記事

  1. ブロックチェーンで国境を越えた試み

  2. 仮想通貨投資で1年で5億稼いだ男

  3. 中国の取引所が相次ぐ出金制限

  4. イタリア政府、ビットコインの投機的売買に課税する方針

  5. 韓国はビットコイン規制せず

  6. レイブロックスがナノに改名

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

【上場廃止か??】元飲料会社ロング・ブロックチェーン、社名変更も無意味

ニュース

【あなたは賛成?反対?】ニュースサイトで暗号通貨マイニングを収入源とする試み

ニュース

【超高額!!】不動産物件をBTCで売り出す

ニュース

仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

ニュース

【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっていた

ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

ニュース

Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める