ニュース

AMDがマイニング特化のGPU発表

 グラフィックス・カードメーカーのAMDが、暗号化のマイニングに特化した新しいソフトウェアを発表したようだ。

同社のウェブサイトで詳しく述べられているのだが、Radeon Software Crimson ReLive Edition Beta for Blockchain Computeは、マイニングに使用されるGPUのパフォーマンスを改善した新しいトークンである。

AMDのリリースは、ethereumブロックチェーンのネイティブ通貨であるetherなどのcryptocurrenciesの市場での価格上昇により、GPUの需要が高まっている中で行われる。

コンピュータがハードウェアコンポーネントと通信できるようにするソフトウェアであるドライバのリリースは、AMDが少なくとも短期間にマイナーを守ることを望んでいるということなのだろう。

AMDはドライバをベータ版として公開しており、今後のアップデート、アップグレード、バグ修正はサポートされないとしているようだ。 マイナーにとってGPUの発達促進が重要なのは、今さら言及するべき点ではないのかもしれない。

多くの企業、富豪と呼ばれる人間がマイナーとして活躍を見せる中、この発表がどれだけマイナーたちの動向を変えていくのだろうか。この発表を受け、新たにマイナーとして名乗りをあげる者がいるのか注目していきたい点である。

<< 関連記事 >>

・マイニングためにジャンボジェット機をチャーターしてしまう!?

・マイニング装置のセール?

関連記事

  1. ブロックチェーンで町おこし、富士市

  2. フィリピン、暗号通貨関連犯罪の厳罰化

  3. バイナンスに続きOKExも本拠をマルタへ

  4. イーサリアム、発生した損害に対しハードフォークを投票にて決定

  5. Bitpayがビットコインキャッシュを導入

  6. 介護分野でもブロックチェーン技術

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ