ニュース

昨日(1/27)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ

  • イラン、1000社以上にマイニング認可付与
  • アメリカ市場Nasdaq,BTC先物商品取り扱い検討中
  • アメリカSEC,XRPノード設置の計画

更新記事

国際経済フォーラム(WEF)による年次総会(ダボス会議)24日閉幕した。電子決済やデジタル貿易、暗号通貨やCBDC、5Gや個人情報保護・独占禁止法の見直しなど、国際的に進む「デジタル化」に関する議論が中心となった。

 

世界経済フォーラム(WEF)はダボス会議最終日にデジタル通貨のガバナンス策定のための国際連合組織を設立したことを発表した。ここ数日ではCBDCに関する共同研究組織が設立されたり、アメリカがデジタル通貨への動きを見せたり、さらにはCBDCに関するガイドラインが発表されたりと国際的にデジタル通貨に関する取り組みが活性化している。

 

オリンピック開催が迫ってきた今、再度オリンピック関連でサイバー攻撃・犯罪が質・量ともに強化され、脅威が増していることを確認する必要がある。コインの森でも複数回「オリンピック開催国はサイバー攻撃の標的となりやすい」と報じてきたが、今回は具体的にどのような攻撃が考えられるのか、個人でどのようなことに気を付けるべきなのか、について紹介させていただく。

 

クーガー株式会社は、伊藤忠商事株式会社と資本業務提携することを発表。また株式会社アクトと共に電子投票改ざん防止ステム[オメガ]を開発することも報じられた。金融プラットフォームとして活用される報道が多くを占めるが、非金融分野においてもブロックチェーン活用の動きが見られている。

 

国内では日本STO協会にみずほやSMBCといった大手が新たに加盟したことで、検討が進められているSTOガイドライン策定がより様々な観点から構成され、健全なSTO市場の発展が促進されるのではないかという期待感が高まっている。また、キャッシュレス決済の普及に伴い激化している競争は、キャンペーンの乱立・還元で資本体力のない企業は吸収される流れになってきており、再編・統合が進みつつある。

 

関連記事

  1. 暗号通貨は通貨として機能するのか

  2. イラン、金を担保とした独自通貨の発行[経済制裁回避なるか]

  3. ブロックチェーンで脱税撲滅なるか

  4. イスラエル、分散型台帳技術に関する情報募集

  5. 作者とファンをつなぐオタクコイン

  6. 知らないうちにXRPを利用する環境へ

PAGE TOP

ニュース

Morgan Stanley、ネット証券E*Trade買収[暗号通貨市場への参入…

ニュース

OSCE、中央アジア諸国と情報共有[取締機関での協力体制]

ニュース

昨日(2/22)のニュースまとめ

ニュース

ノアコインを所有しているのですが…[コインの森なんでも相談]

ニュース

マルタ、Binanceが認可を得ていないことを公表[法規制準拠とは]

ニュース

FCoin、再開計画に関する協議を発表[時間稼ぎが目的?]

ニュース

JCCA,消費実態調査公表[使い分け派をキャッシュレス派へ]

ニュース

昨日(2/21)のニュースまとめ