ニュース

ダボス会議、閉幕[地球環境問題と国家のあり方]

記事のポイント

  • ダボス会議とは
  • 地球環境問題と国家のあり方
  • デジタル通貨・デジタル貿易
  • NTTデータ、貿易デジタル化フォーラムにて署名

国際経済フォーラム(WEF)による年次総会(ダボス会議)24日閉幕した。電子決済やデジタル貿易、暗号通貨やCBDC、5Gや個人情報保護・独占禁止法の見直しなど、国際的に進む「デジタル化」に関する議論が中心となった。

 

ダボス会議、閉幕

121日に開幕した国際経済フォーラム(WEF)による年次総会(ダボス会議)24日閉幕した。今回のダボス会議では地球環境問題や社会問題が焦点となり、議論が行われた。同会議に参加したアメリカのトランプ大統領は初日のスピーチの中で地球温暖化問題などの将来の課題を悲観的にみる考えを批判し、EUを離脱するイギリスは参加を見送るなど、「自国優先主義」と「多国間主義」との溝がより鮮明になった。

  • 世界経済フォーラム(World Economic Fourum/WEF) 官民両セクターの協力を通じて世界情勢の改善に取り組む国際機関。経済・政治・学術研究その他社会における主要なリーダーと連携することにより、特定の利害と結びつくことなく独立した公正な組織となっている。

 

デジタル化に関する議論が中心に

ダボス会議は世界経済や環境問題など幅広いテーマで意見交換が行われる。各国の競争力を指数化して公表し、グローバル化に対応した経営環境を推奨するほか、政治家や実業家が一堂に会して討議を行うことから注目度の高い会議となっている。

近年では技術に関する議論が中心となっており、GoogleMicrosoftFacebookなどデジタル化に伴い影響力を増す企業のこれからや法規制整備によるアメリカ企業の弱体化、電子サービスを提供するユニコーン企業の今後などをテーマにした講演も行われた。

各国金融規制当局でのデジタル通貨や暗号通貨への見解だけでなく、デジタル化による取引・透明性向上が期待されているデジタル貿易、デジタル化に伴う個人情報保護の強化や独占禁止法の見直し等についても議論が行われた。

また、この中で株式会社NTTデータはダボス会議と併催されているICC Trade Digitalisation Forum(貿易のデジタル化推進フォーラム)において「貿易のデジタル化推進に関する覚書」に署名し、積極的に貿易のデジタル化に取り組んでいるシンガポール企業や欧米企業とともに各防衛機プラットフォームのデジタル化・相互接続性確保に動いていくことも発表した。

 

関連記事

 


参考:株式会社NTTデータ[「貿易のデジタル化推進に関する覚書」について]

関連記事

  1. 金融分野におけるサイバーセキュリティ[2019年にFATF審査を控える…

  2. 京大教授の暗号通貨に関する講演

  3. ブロックチェーン業界を公式に産業として認可[韓国]

  4. 京大・東大、Ripple社プロジェクトに参加[教育の必要性]

  5. XRP基軸通貨となるか、期待高まる

  6. WesternUnionとThunesの提携[BWW/INN/SWIF…

PAGE TOP

ニュース

新経済連盟、改正法に関する意見提出[STO・デリバティブ]

ニュース

バハマ、2020年後半にデジタル通貨導入へ[CBDC]

ニュース

昨日(2/14)のニュースまとめ

ニュース

マルチ商法とねずみ講、特定商取引法[コインの森解説]

ニュース

今後分離課税に改められる可能性はある?[コインの森何でも相談室]

ニュース

詐欺被害に合いやすい方に見られる特徴[コインの森解説]

ニュース

警察庁、[令和元年の犯罪情勢【暫定値】]公表【「対面型犯罪」から「非対面型犯罪」…

ニュース

クレディセゾン、カードレスへ[カードの不正利用]