ニュース

中国、ブロックチェーン技術を使い税金を徴収か?

中国政府は、税金徴収と電子請求書発行のためにブロックチェーン技術を使用すると発表した。

中国はブロックチェーン技術の採用の面で世界をリードする国だ。

実際、中国政府は最近、ブロックチェーンを2016年の第13次5年間国家情報化計画の優先プロジェクトとして含めた。

計画の下でのこの技術の可能性があるアプリケーションの中には、健康記録と税務申告の管理がある。

中国の発表は、今後ビットコインとブロックチェーンが重要な財務的、技術的勢力になる可能性をさらに高めている。

中国は現時点でブロックチェーンの導入を先行している。  さすが仮想通貨業界で、他の追随を許さない中国と言ったニュースである。仮想通貨だけでなく、

その技術であるブロックチェーンを利用した技術を国の事業にどんどん応用していく姿勢は、この技術に対して絶対的な信頼、

そして、これらに対して先行しているという自負があってのことだろう。

この先行した中国という国を、他の国が追いつこうとするのか、それともプロトタイプとして見るのかが、これからの注目といったところだろうか。

《 関連記事 》

・中国の前頭取「ビットコインは潰せない」

・止められた水の逃げ先に。中国のビットコイン事情の今

・中国の取引所が相次ぐ出金制限

・中国人民銀行、大手取引所を集め会合

関連記事

  1. ついにxRapid商用利用開始[RippleNet委員会も発足]

  2. バンカメ、仮想通貨取引でのクレカ使用禁止へ

  3. 各取引所が金融庁の登録を報告

  4. ナイジェリアの規制状況

  5. クレジットカードシステム障害の鍵はBTC?

  6. GMOがリップル取り扱い

PAGE TOP

ニュース

昨日(12/14)のニュースまとめ

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘