コラム

イギリスの警察がビットコインを差し押さえ?

いつもありがとうございます、コインの森の管理人です。

イギリス警察がビットコインを差し押さえ?という衝撃的な見出しについて書いていきます。

イギリスの警察は、Bitcoinの差し押さえを容易にするための法律の改正を望んでいるようです。

そもそもイギリス金融というのは世界屈指の『信用』と厳しい規則があり、世界経済の中心でもあるわけです。そのイギリスがこの自由な仮想通貨業界を野放しにしておくはずがないわけで、私も気にしてはいましたがやはり動きが出てきました。数多くのイギリスの法執行機関の支援を受けている暗号通貨の研究機関では、ビットコインを差し押さえしやすくするために国の法律を変更することを提案しています。

しかし問題は、イギリス警察当局がビットコインを容易に差し押さえる仕組みを作るにはまだまだ知識が浅すぎるということですね、それは日本国でも同じことでしょう。

また暗号通貨をしっかりと「通貨」と認めるための法律も同時に必要になってくるわけですので、まだ時間が必要かと思われます。

・ 知識をつけ

・ 暗号通貨の立て付けを明確にし

・ それを差し押さえるプロセスを規制化し

・ 仕組みを開発する

まだまだ課題は多いようですね。

仮想通貨が正しく使われることは私どもも願っているのでとてもいいことだとは思いますが、日本政府をみても規制側の知識不足は否めないのが現状ですね。

 

↓ ↓ ↓ コインの森のTwitterを今すぐフォローしよう ↓ ↓ ↓
2015y09m23d_211111369

関連記事

  1. 暗号通貨初心者のあなた!儲かってますか?

  2. 暗号通貨で資金調達の明暗

  3. 政治同盟国と仮想通貨の可能性

  4. COMSAどうよ@投票結果

  5. 興味の湧かない、ICO

  6. 投票結果!『仮想通貨業界の規制化、賛成?反対?』

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ