ニュース

6つの中央銀行とBIS、CBDCに関する共同研究

記事のポイント

  • 6つの中央銀行とBIS、CBDCに関する共同研究
  • 研究組織に参加する国のCBDCへの取り組み
  • CBDCに動く世界

日本やスイス、イギリス、スウェーデン、カナダそして欧州中央銀行と国際決済銀行(BIS)の6つの中央銀行とBISは、中央銀行によるデジタル通貨(CBDC)に関する研究組織を設立した。いずれもCBDCに関する報告書を積極的に取りまとめている国であり、今回の組織設立と共同研究実施によって中国以外の国でのCBDC発行への動きが活性化すると期待されている。

 

6つの中央銀行とBIS、CBDCに関する共同研究

1月21日、日本やスイス、イギリス、スウェーデン、カナダそして欧州中央銀行と国際決済銀行(BIS)の6つの中央銀行とBISは、中央銀行によるデジタル通貨(CBDC)に関する研究組織を設立した。同組織は課題や利点を整理する報告書について、2020年内をめどにまとめる方針だ。この報告書で現在加速しているCBDCに関する知見を共有することが狙いであり、実際にCBDCを発行するか否かは各国中央銀行が各々判断するものとなっている。

同組織はBIS局長とイギリスの中央銀行副総裁が共同議長を務め、総裁・副総裁・理事・局長と3層の枠組みごとに議論するものとなっており、このほかに国内の金融機関や有識者を集めた会合も開かれる予定。これまで各国で独自で進められてきたCBDCに関する研究・調査だが、共同での課題・利点・対策等を検討・研究する動きからいよいよCBDCの発行に関する動きがより具体的なものとなっていくと期待されている。

ただ、同組織にアメリカが存在していないことやデジタル通貨やデジタル金融にイギリス同様積極性を見せるシンガポール金融通貨庁が参加していないことに関して落胆を見せる声もある。

  • 中央銀行デジタル通貨(Central Bank Digital Currency/CBDC)中央銀行が発行するデジタルコインのことを指す。日銀は「デジタル化されていること」「円などの法定通貨建てであること」「中央銀行の債務として発行されること」の3つの条件を満たしたものをCBDCとしている。資金洗浄・テロ資金供与対策につながることや現金の発行・管理コストが抑えられることなどが注目されているものの、発行量や利用範囲・保有・発行形態など、発行したのちの影響だけでなく、発行するにあたっての議論も多く存在している

 

共同研究参加国

今回設立されたCBDCに関する共同研究組織に参加する国のこれまでの取り組み、中央銀行の動き、経済状況は以下の通りである。

  • 日本    一貫して「CBDCの発行計画はない」としているが、CBDC発行にあたっての法的な問題・技術的な課題、ブロックチェーン技術の処理能力など報告書を作成・公開している。ECBとも共同研究を行っており、発行に関しては積極性を見せないものの技術に関する検討が進められている。
  • スイス   各国が強い拒絶反応を示した[Libra(リブラ)]に関して「[同一のリスクに対して、同一の規制を]という原則に基づいて適切な審査を設ける」とその可能性と危険性を適切に審査した。最先端技術に関して寛容的であり、暗号通貨に関しても明確な規制が存在する。
  • イギリス  暗号通貨含めた金融の技術革新に積極的かつ有効的な国として知られており、同国の金融行動監視機構(FCA)によってフィンテック分野に対応する国際的組織[Global Financial Innovation Network(GFIN)]が設立されている。CBDCに関しても独自で研究を進めている。
  • スウェーデン 2012年時点で既に国内の6大銀行で現金を扱っているのは一行。さらに人口の97%はデビットカードを所持しており、小売店での決済の80%は電子決済が占めるというキャッシュレス国家。「現金離れ」が最も進んでいる国であり、中央銀行への通貨ではなく民間発行通貨に流れる可能性があることから、その対策としてCBDC発行を検討している。
  • カナダ    CBDCに関する研究・調査を実施し、「暗号通貨は中央銀行の直接的な脅威となる可能性」を指摘。価値の裏付けがないまま、広く流通している暗号通貨に対抗するためにも、中央銀行が価値の保証されたCBDCを発行する必要があるとしている。
  • 欧州中央銀行 【プライバシーに考慮したCBDCに関する報告書】を公開するなど、CBDCそのものへの評価だけでなく、CBDCが抱える課題への具体的な対策を講じるなど積極性が見られている。また、現在のアメリカドルに大きく依存した経済からの脱却を試み、欧州独自での決済システム構築を目指した組織を設立している。

いずれもCBDCそのものに一定の理解を示している国である。同組織によってこれまで指摘されてきたCBDCの課題に対してどのような「対策」が提案されるのか関心が寄せられている。

 

CBDCに動く世界と日本

CBDCへの評価は各国で分かれるが、国際通貨基金(IMF)が「中央銀行は将来的にCBDCを発行するようになる」という調査結果を発表しているように、CBDCへの動きは活発化している。特に民間による共通通貨発行計画[Libra]の登場や各国で進むキャッシュレス化などから中央銀行もデジタル通貨の需要と重要性を理解しており、その発行に積極的な国でなくとも技術や発行システムに関する調査・研究といった動きが見られている。

  • 中国   一部地域でのCBDCの試運用方針
  • フランス ユーロのデジタル通貨試運用計画
  • バハマ  実証実験開始(12/27~202年Q1)
  • UAE   サウジアラビアと共同で発行計画
  • イラン  独自通貨発行計画[PayMon]
  • 日銀   ECBとCBDCに関する共同研究

日銀は銀行の銀行である中央銀行が直接民間市場に介入してしまうことによる影響や既存の銀行システムが乱れてしまう可能性といった不安要素が多く存在することから「現時点で広く一般的に利用されるCBDCの発行を行う考えはない」と一貫して主張してきた。今回のCBDC共同研究組織はCBDCの発行を義務付けるものではなく、あくまで課題・対策等を共有するものであり発行は各国の判断にゆだねられるが、報告書とりまとめの中で日本銀行の考えが変わるのか、また他の参加国がどのように動いていくのか関心が寄せられている。

 

まとめ

今回設立されたCBDC研究組織はあくまでCBDCの利点や課題、対策などに関する知見をまとめ共有するものである。そのため参加国が実際に研究の末CBDC発行に動くかはそれぞれの判断にゆだねられる。しかしながら、これまでCBDCの課題ばかり指摘されてきた中で「対策」と発行を行う上での議論が進められることから、デジタル化への期待が集まっている。

 

関連記事

 


参考:日本経済新聞[デジタル通貨、年内に報告書 日銀など6中銀]

関連記事

  1. 中国、暗号通貨決済の布石か

  2. 取引所コインチェック、キャンペーン開催[新規口座開設と取引]

  3. イギリス規制状況

  4. マイニングに関する規制計画なし[ウクライナ]

  5. インド、国家戦略としてブロックチェーン推進検討[中国とインド]

  6. NEM財団のNEM普及活動

PAGE TOP

ニュース

OSCE、中央アジア諸国と情報共有[取締機関での協力体制]

ニュース

昨日(2/22)のニュースまとめ

ニュース

ノアコインを所有しているのですが…[コインの森なんでも相談]

ニュース

マルタ、Binanceが認可を得ていないことを公表[法規制準拠とは]

ニュース

FCoin、再開計画に関する協議を発表[時間稼ぎが目的?]

ニュース

JCCA,消費実態調査公表[使い分け派をキャッシュレス派へ]

ニュース

昨日(2/21)のニュースまとめ

ニュース

みずほ「個人向けデジタル社債」提供へ[ブロックチェーン]