ニュース

中国の暗号通貨詐欺、47,000人被害か?

 中国の暗号通貨詐欺がとても目立つ。

その被害は、47,000人にも及ぶというから黙ってはいられない。

2017年1月、ハイナン市警察は、「海南KuaYaOuプライベートリミテッド」と呼ばれる巨大詐欺の問題について、一般市民に勧告した。

同社は、アジア欧州通貨という暗号通貨を扱うWebベースのビジネスを運営していた。

中国海南省商務部に同社を登録しており、登録時には、主なビジネスはオンラインで暗号通貨を扱うことを含むと述べていた。

合法的に登録された会社の装いの下で、投資家に高いリターンを約束したマルチマーケティングプログラムの形で運営されているリッチ・リッチ・スキームを実施。

犠牲者は高いリターンを約束されていた。 不正な通貨を取引するプロセスには、

新しいトレーダーがディーラーによって導入された「インナーサークル」に加わることが含まれていた。

新たな貿易加盟国は少なくとも10,000元のデジタル通貨を購入する必要があり、

購入時、その金額は250日間凍結された後、「アウターサークル」で取引され、キャッシュされる。

通貨は、「インナーサークル」で10日ごとに値を上げるように設定されていた。

「アウターサークル」は通貨を取引するプラットフォームとして機能し、より多くのトレーダーを引き付けるために値が大幅に増加。

マルチレベルのマーケティング契約の内側のサークルでは、不正な通貨を購入するために使用されたお金は、

地方のディーラーの口座に移され、その口座は会社の最上位のメンバーの個人口座に移された。

また、マーケティングは中国のソーシャルメディアを通じて行われた。

強力な主張の背景、高い投資収益率、強力なマーケティング戦略は、詐欺が強く成功するための強力な要因であった。

中国という暗号通貨の有力国であるからこそ、これだけ多くの被害者が出たものと思われる。以前の記事で芸能人が暗号通貨詐欺に関わったニュースをお届けしたが、

上手い話には裏があると考えたほうが良いであろう。新興的なものに手を出すときは、自分で考え、調べ、実行していくという強い心構えが必要となってくるのかもしれない。

《 関連記事 》

ビットコインを使った投資詐欺に使われる芸能人たち

関連記事

  1. トランプ氏の当選でビットコインが高騰

  2. カナダ中央銀行、仮想通貨開発へ

  3. みずほFG、みずほ銀行、メタップス、WiLで新会社立ち上げか

  4. リップル社、シリーズBラウンドで新たに約56億円の資金を調達

  5. イタリア政府、ビットコインの投機的売買に課税する方針

  6. マスターカードが特許へ

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP