ニュース

URSNIFがビットコインを狙う

 トレンドマイクロが継続して行っている調査結果で見逃せない情報が出た。

現在日本で最も拡散しているオンライン銀行詐欺ツール「バンキングトロジャン」である「URSNIF」が、

以前から標的としている銀行やクレジットカードなどの各種金融機関のサイトだけでなく、

新たに仮想通貨取引所サイトを標的としていることが確認されたという。

今年 6月下旬から仮想通貨取引所サイトを狙う「URSNIF」は確認されているみたいだ。

「URSNIF」の拡散経路としては、全般的にはメール経由、Web経由の双方である。 メール経由の場合、「URSNIF」は特に、日本語のマルウェアスパムを使用する。

このマルウェアスパムというものは、添付ファイルを開かない限り感染することはない。

現在マルウェアスパムの添付ファイルはほとんどが圧縮ファイルとなっているため、

知らないメールの添付ファイルを、不用意に開かないことで対策が可能である。

Web経由の攻撃では、脆弱性を利用する攻撃が多く見られているので、PCにインストールされている各種ソフトウェアのアップデートを欠かさず行うことが重要である。

また、バンキングトロジャンは正規サイトのアクセス時に偽画面を表示し、認証情報の詐取することがある。

サイトへのログイン画面などで普段とは異なる表示があった場合には安易に情報を入力せず、表示についてサイト側に連絡して確認してもらいたい。

再三、ランサムウェアについてのニュースをお届けしているが、このような脅威もまだある。仮想通貨というものは便利であるが、

データでやり取りしている分、このような恐怖が付きまとう事も事実である。

現在、サイバー攻撃での仮想通貨の搾取とは、実際の銀行強盗に比べて成功確率が高いのかもしれない。

この先、更なる価格高騰や、ユーザーの増加に伴い、このような攻撃も増えてくるように思われる。

是非とも皆さんのPCの対策はしっかりと行ってもらいたい。

《 サイバー攻撃関連記事一覧 》

・ランサムウェアのCerberがビットコインウォレットを狙う!

・「WannaCry」の首謀者が奪った身代金遂に引き出された

・WannaCry対策アプリを名乗る偽アプリが登場、マカフィーが注意促す

・あなたのPCは大丈夫?勝手にマイニングを行うマルウェア

関連記事

  1. 証券会社が共同で取引所開設

  2. ロシア暗号通貨規制法案の内容

  3. イランはビットコインに明るい

  4. 米債券王ガンドラック氏、BTCを市場のセンチメント指針として活用

  5. 【号外‼】ミサイル日本領土上空通過、北朝鮮の脅威と暗号通貨

  6. ウクライナ、暗号通貨合法化

PAGE TOP

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]

ニュース

Huobi、ロシアでも取引所開設[世界進出に注力]

ニュース

昨日(12/9)のニュースまとめ

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]