ニュース

URSNIFがビットコインを狙う

 トレンドマイクロが継続して行っている調査結果で見逃せない情報が出た。

現在日本で最も拡散しているオンライン銀行詐欺ツール「バンキングトロジャン」である「URSNIF」が、

以前から標的としている銀行やクレジットカードなどの各種金融機関のサイトだけでなく、

新たに仮想通貨取引所サイトを標的としていることが確認されたという。

今年 6月下旬から仮想通貨取引所サイトを狙う「URSNIF」は確認されているみたいだ。

「URSNIF」の拡散経路としては、全般的にはメール経由、Web経由の双方である。 メール経由の場合、「URSNIF」は特に、日本語のマルウェアスパムを使用する。

このマルウェアスパムというものは、添付ファイルを開かない限り感染することはない。

現在マルウェアスパムの添付ファイルはほとんどが圧縮ファイルとなっているため、

知らないメールの添付ファイルを、不用意に開かないことで対策が可能である。

Web経由の攻撃では、脆弱性を利用する攻撃が多く見られているので、PCにインストールされている各種ソフトウェアのアップデートを欠かさず行うことが重要である。

また、バンキングトロジャンは正規サイトのアクセス時に偽画面を表示し、認証情報の詐取することがある。

サイトへのログイン画面などで普段とは異なる表示があった場合には安易に情報を入力せず、表示についてサイト側に連絡して確認してもらいたい。

再三、ランサムウェアについてのニュースをお届けしているが、このような脅威もまだある。仮想通貨というものは便利であるが、

データでやり取りしている分、このような恐怖が付きまとう事も事実である。

現在、サイバー攻撃での仮想通貨の搾取とは、実際の銀行強盗に比べて成功確率が高いのかもしれない。

この先、更なる価格高騰や、ユーザーの増加に伴い、このような攻撃も増えてくるように思われる。

是非とも皆さんのPCの対策はしっかりと行ってもらいたい。

《 サイバー攻撃関連記事一覧 》

・ランサムウェアのCerberがビットコインウォレットを狙う!

・「WannaCry」の首謀者が奪った身代金遂に引き出された

・WannaCry対策アプリを名乗る偽アプリが登場、マカフィーが注意促す

・あなたのPCは大丈夫?勝手にマイニングを行うマルウェア

関連記事

  1. ウォールストリートのTom Lee氏が2022年に55,000ドルに達…

  2. ビットコインのATMの設置増加

  3. Ripple、金融機関とブロックチェーンを繋ぐ技術を発表

  4. Zaifトラブル続きユーザー不安高まる

  5. CFTCのジャンカルロ委員長が再び上院議会証言へ

  6. アメックスはビットコイン・ブロックチェーンをどう捉えているか?

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

【上場廃止か??】元飲料会社ロング・ブロックチェーン、社名変更も無意味

ニュース

【あなたは賛成?反対?】ニュースサイトで暗号通貨マイニングを収入源とする試み

ニュース

【超高額!!】不動産物件をBTCで売り出す

ニュース

仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

ニュース

【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっていた

ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

ニュース

Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める