ニュース

Mastercardが、暗号通貨利用者に対する返金サービスに関する技術の特許出願

 Mastercardが、暗号通貨利用者に対する返金サービスに関する技術の特許出願を行ったようだ。

米国特許商標庁が公表している公式文書によると、

このサービスはユーザーの個人情報を任意の仮想通貨のアドレスへ紐づけた上で認証を可能にするためのインフラの構築を目指していると考えられる。

今回Mastercardが提示しているシステムは、決済取引における払い戻しのプロセスを可能にするのが目的である。

現在のシステムでは、支払い時に利用した購入者のアドレスへ返金が行われなければならない。

Mastercardは利用者が指定した任意のアドレスへ払い戻しが可能なサービスの構築を目指している模様。

世界的に有名なカード会社であるMastercardがこのようなインフラの整備の特許を取得するということは、

それだけ暗号通貨のユーザーが多く、増えると考えることも出来る。

ビットコインが最高値をたたき出したニュースは、ユーザー以外の耳に残したことであろう。

そして、それは多くの関心を残したことと思う。

これから先どんんどんとユーザーが増えることを見通したMastercardの見通しに天晴れという他ないであろう。

関連記事

  1. インドの中央銀行が警笛を鳴らす

  2. ビットコインに進展、セグウィットの支持が伸びBU以上に

  3. ビットコインの取引所50社がライセンス申請

  4. ビットコイン8000ドル台回復、他の仮想通貨がけん引

  5. ビットコインで家を買ったら、価格変動で格安に!?更に高級車まで

  6. ついにビットコインATMを全米展開する企業が現れる

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

ニュース

【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっていた

ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

ニュース

Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める

ニュース

テレグラムのICOは既に900億円調達済

ニュース

スイスはICOのガイドライン発表

ニュース

コインベースが大規模決済サービスへ