ニュース

ウクライナは2017年に150台のビットコインATMを設置する予定

ウクライナは2017年に150台のビットコインATMを設置する予定だという。

Kuna Cryptocurrency ExchangeとKuna Bitcoin Agencyの創設者Michael Chobanianは、

2017年にウクライナに設置される予定のビットコインのATMが150台あると発表した。

そのうち、夏の終わりまでに、キエフの首都には20-30台のATMが設置される模様。

彼によると、BTMを設置するという彼らの決定は、ウクライナの起業家からの絶え間ない需要と同様、顧客の要請によるものであった。

彼によると、計画されている150のこのビットコインのATMは、Ether、Waves、Golos、ビットコインなどの暗号化通信の販売をサポートすることができる。

ウクライナの顧客は、ウクライナの公式通貨グリブナを使用してデジタル通貨を購入することが可能。

このATMにはユーザー識別が不要であり、すべてのタイプの顧客が使用できる。

また、BTMでビジネスを行うことを望む人は、ライセンスを確保することなくそうすることもできるみたいだ。

何度かこのサイトでも多くの国が仮想通貨向けのATMを設置したニュースをお届けしているが、

ウクライナでもこのようなATMの設置が増えているようだ。このような新しいものへの参入、変革は海外に比べて日本はまだ弱腰なのかもしれない。

ウクライナの通貨グリブナ

関連記事

  1. フィッシング詐欺や登録業者を騙る詐欺が横行[被害に合わないために手口の…

  2. 三井住友、キャッシュレスデータ活用へ[情報銀行]

  3. SBIインベストメント株が上昇

  4. インド大手IT企業TCS,RippleNet活用へ[インドでの送金シェ…

  5. ロシア、テレグラムを追い出し

  6. ローソンやイオンなどでキャッシュレス決済導入の動き

PAGE TOP

ニュース

キャッシュレス決済、中小企業の半数で利用可能に[還元制度終了後の課題]

ニュース

Morgan Stanley、ネット証券E*Trade買収[暗号通貨市場への参入…

ニュース

OSCE、中央アジア諸国と情報共有[取締機関での協力体制]

ニュース

昨日(2/22)のニュースまとめ

ニュース

ノアコインを所有しているのですが…[コインの森なんでも相談]

ニュース

マルタ、Binanceが認可を得ていないことを公表[法規制準拠とは]

ニュース

FCoin、再開計画に関する協議を発表[時間稼ぎが目的?]

ニュース

JCCA,消費実態調査公表[使い分け派をキャッシュレス派へ]