ニュース

ランサムウェアのCerberがビットコインウォレットを狙う!

ランサムウェアのCerberがビットコインウォレットを狙う!

ランサムウェアといえばwannacryが記憶に新しいが、このCerberにも気を付けてもらいたい。

Cerberは頻繁にアップデートを繰り返し、セキュリティツールによる検知を逃れる機能など、さまざまな新機能を追加しているだけでなく、

ランサムウェアで手軽に利益を得たいと考えるハッカーにCerberを販売することで、身代金が支払われるたびに分配金を得ているようだ。

さらに、Cerberは非常に強力な暗号を使用し、Cerberは絶えず進化しているため、

最新バージョンに対して有効な暗号解読ツールは存在しないとういうのが悪質な点である。

また、拡散方法は以前と同じだが、エクスプロイトキットは暗号化プロセスを開始する前に、ほかの悪質なタスクの実行も試みるようになった。

普通、ウォレットの中身にアクセスするにはパスワードが必要だが、Cerberはそれにも対応済である。Cerberは有名ブラウザから保存済みパスワードを盗むらしい。

ビットコインウォレットの保存済みパスワード情報が検出された場合、その情報はC&Cサーバ経由で攻撃者に送信され、

ハッカーはその情報を使って、ウォレット内の暗号通貨にアクセスする仕組み。

さらに悪質なことに、Cerberはシステムの暗号化と身代金の要求を行う前に、ウォレットファイルを完全に削除するらしい。

このような悪質な動きを見せるCerberである。まさにビットコインユーザーにとって天敵と言えるのではないだろうか。

特に注目していただきたいのが、何度もアップデートを繰り返し、完全なる有効な対処方法が見当たらないという点である。

このような悪質な被害に合わないためには、見覚えのない送信者からのメールを開かないなど、初心に返った対策が必要になってくる。

インターネットでやりとりすることは非常に便利であるが、多くの危険も潜んでいるため、これを読んだ仮想通貨のユーザーの皆様には非常に注意していただきたい。

ちなみに余談であるが、Cerberとは神話上のケルベロスを意味するらしい。

関連記事

  1. 米国証券取引委員会がICO調査

  2. アメリカ証券取引委員会がICOを差し止め

  3. 中国の大手取引所で信用取引が停止される

  4. インドネシア、ビットコイン禁止か

  5. バークシャー傘下の鉄道会社、ブロックチェーン技術適用に注目

  6. 「改竄」防止にブロックチェーン

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

ニュース

XRPは有価証券になるのか

ニュース

ライトニングネットワーク(LN)とは?

ニュース

千葉県警が暗号通貨などに関する研修

ニュース

ライトニングネットワーク上でポケモン

ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ

ニュース

bitFlyer,当局に対して事実と異なる説明

ニュース

金融庁の目指すもの