ニュース

「WannaCry」の首謀者が奪った身代金遂に引き出された

ついに「WannaCry」の首謀者が奪った身代金遂に引き出されたようだ。

WannaCryとは、古いWindowsの脆弱性を悪用したランサムウェアであり、データファイルを暗号化したうえで、身代金ビットコインで支払うよう要求する悪質なものである。

この奪われたビットコインの行方を世界中の人間が注目していた。

この攻撃が始まったのは数か月前のことであるが、今までその身代金を有したビットコインウォレットは放置されていた。

しかし、英国時間8月3日、ビットコインが引き出され始めたことが確認された。

ビットコインの引き出しは、まず英国夏時間午前4時10分、1分の間隔を開けて3回行われた。1回の引き出し額は7.3ビットコイン(2万55ドル)~9.67ビットコイン(2万6435ドル)で、この2回で引き出された額を合計すると、奪われた身代金総額の約半分相当だ。

そして、その5分後に、1分間隔で7ビットコイン(1万9318ドル)~10ビットコイン(2万7514ドル)の引き出しが3回行われ、その10分後、最後の引き出しが行われた。

これにより、WannaCryウォレットのビットコイン残高はゼロなった。  仮想通貨を利用するにあたり、このようなサイバー攻撃の対応も付随してくるであろう。このようなデータ管理されているものを利用する際には、随時PCに関する情報を仕入れ、PCについても詳しくなっていくことが重要である。

特に今回は、Windowsの脆弱性を悪用された攻撃であるのだから、しっかり更新をしておけば防げた問題といえるであろう。

関連記事

  1. 国内最大手bitFlyerの処罰はいかに!?

  2. SBI,高齢者も取引可能に

  3. ビットフライヤー上場で注目を浴びた”Lisk”がリニューアル

  4. マイニング機器の窃盗容疑者、逮捕

  5. 沖縄のメガソーラーの権利をBTPトークンとして売買

  6. NY証券取引所親会社がBTC市場に参入

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ