ニュース

取引所Kraken、CircleのOTC部門買収[日本での動き]

記事のポイント

  • Kraken、CircleのOTC部門買収
  • Krakenの日本でのサービス提供
  • Circleの再編、USDCに注力

取引所Kraken(クラーケン)は暗号通貨決済企業Circle(サークル)のOTC部門である[Circle Trade]を買収したことを発表した。Krakenの法定通貨対応や新規コイン上場などの動きが注目される一方で、共同創業者の退任やPoloniexの売却などを進めるCircleの動きにも注目が集まっている。

 

Kraken、CircleのOTC部門買収

12月17日、取引所Kraken(クラーケン)は暗号通貨決済企業Circle(サークル)のOTC部門である[Circle Trade]を買収したことを発表した。同取引所はCircle Tradeを買収したことで取引の流動性向上やスプレッドの最小化に努め、顧客により良いサービスを提供していきたいとしている。

Krakenはここ最近で活発な動きを見せている。スイスフランへの対応発表後、暗号通貨テゾス(XTZ)のステーキングに対応することを発表するとともに、今後暗号通貨のステーキングに対応する方針を発表。さらには暗号通貨OmiseGoの上場と動きを見せている。

  • OTC Over The Counterの略称であり、相対取引(あいたいとりひき)という。市場を介さずに売買の当事者同士で売買を行う方法のことを指し、店頭取引とも呼ばれる。一般的に市場を仲介せずに行う取引とされており、業者と利用者がそれぞれで直接取引を行うことになる。ただ業者の儲けは利用者の損であり、業者の損は利用者の儲けといったように利益相反となっているため、業者が注文時と成約時のレートのずれを利用するなどの問題も存在している。そのためこの相対取引を行う際には相手方の信頼性・透明性が重要な判断材料となっている。

 

Krakenの日本でのサービス提供

Kraken(クラーケン)はアメリカで暗号通貨交換業サービスを提供する大手取引所であり、数多くの法定通貨を取り扱っていること、顧客確認の段階に応じて提供するサービスが変化するという透明性への対応、それに伴うセキュリティ性の高さから多くの信頼を集める取引所として有名である。

同取引所は2014年にビットコイン(Bitcoin/BTC)対日本円(JPY)の取引を開始しサービス提供を行っていたが、2018年の金融庁による海外取引所への一斉警告を受け、日本向けのサービスを終了することを発表し、2018年6月に日本から撤退。ただ2019年3月には国内自主規制団体である一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)へ第2種会員としてKrakenを運営するPaywardAsia(ペイワード・アジア)株式会社が加盟しており、国内で再度サービス提供が行われることが期待されている。

 

Circleの再編

今回、KrakenにOTC部門の売却を行ったCircleは現在事業の再編成を進めている。同社は取引所Poloniex(ポロニエックス)を売却しているほか、同社共同商業者が退任と事業・組織ともに動きが見られている。同社は今後、同社が発行している独自ステーブルコイン[USDCircle(USDC)]の開発に注力していくようだ。

  • ステーブルコイン Stablecoinはその名の通り、価格が安定したコインとなっている。法定通貨を担保とし、価値を担保しているものや他の暗号通貨と連動しているもの、スマートコントラクトで発行しているものなど様々な種類がある。暗号通貨の銀行口座を介さずに送金ができるメリットや法定通貨同様価格が安定しているメリットと、法定通貨と暗号通貨の利点を併せ持ったものとなっている。
  • USDC 米国の仮想通貨取引所Coinbaseと仮想通貨金融業者のCircle Internet Financial Limited(以下Circle)が共同設立した業界コンソーシアムであるCENTREが管理するステーブルコインであり、最近OKExやHuobiといった世界的取引所で上場が行われている注目のステーブルコイン。国内の仮想通貨交換業者であるQUOINEもUSDCの取り扱いを開始しているほか、暗号通貨決済大手のBitPayでも決済通貨として採用。先日第三者機関であり大手会計事務所Grant Thornton LLPによって、USDCの価値を裏付けするための十分な準備金があることが証明されている。

 

まとめ

今回CircleのOTC部門を買収したKrakenは以前から暗号通貨取引所や暗号通貨関連企業の買収を行っており、2月にFCAの認可を取得した先物取引所Crypto Facilities(クリプト・ファシリティーズ)を買収したことが大きな注目を集めていた。今回のCircle Trade買収で同取引所のサービスがより利用しやすくなることが期待されている。

 

関連記事

 


参考:Kraken[Kraken OTC Acquires Circle Trade]

関連記事

  1. 国内取引所の利便性向上[GMOコイン・GMOあおぞらネット銀行と提携]…

  2. ウクライナ、5%の課税検討へ

  3. 難しいといわれる暗号通貨の所得計算[国税庁・財務省]

  4. 世界最大級の資産運用会社Invesco,新たなETFをローンチ[ブロッ…

  5. OKコインが取引手数料の変更をキャンセル、コインデスクが報じる

  6. おかえり!金塊ハンター

PAGE TOP

ニュース

昨日(1/21)のニュースまとめ

ニュース

日本STO協会に新たに2社入会[みずほ証券とSMBC日興証券]

ニュース

コインの森トレード学習講座【トレードのシナリオを考える/ラインの重要性】

ニュース

三菱UFJ銀行、信用状の発行[ブロックチェーン]

ニュース

日本経済新聞と金融庁共催のブロックチェーン・カンファレンス

ニュース

SEC,IEOに関する注意喚起[ICO・IEOに関する法規制]

ニュース

ベネズエラ、独自通貨利用推進[独裁体制とダボス会議]

ニュース

昨日(1/20)のニュースまとめ