ニュース

ビットコインユーザー向けの暗号通貨申告アプリgaリリース

BaaS系新興企業のNode40が、ビットコインユーザー向けの暗号通貨申告アプリをリリースしたようだ。

仮想通貨業界は、日本に入ってきた当初、「合法マネーロンダリング」とうたっていたブローカーも数多くいたが、徐々に規制下に置かれるようになりついには申告の対象になった。

しかし真面目に申告するつもりのユーザーもその方法がわからないという方も多いはず。このようなアプリの登場は必至である。

初期の段階ではDashユーザー向けにリリースされていたのみだったが、ついに本ソフトウェアを利用することでビットコインユーザーも所得税を正確に計算および管理することが可能になる。

現段階では、本ツールを利用するためにはまず、利用者は手持ちのビットコインをElectrumのウォレットに送金する必要があるが、

これにより確定申告が可能となる。

多くのユーザーは未だ税務処理に関して多くの問題がある。とある取引所を利用し、ビットコイン取引を行っていたユーザーの数は数百万人も存在していたが、

毎年税の申告を行っていた米国のトレーダーはわずか100人しかいなかったという。

この問題は、米国だけには留まらない。

依然としてこの仮想通貨業界は、成長を続けている業界ではあるが、そのため法整備などが未だに整っていないというリスクもある。そのため、

多くのユーザーは税金に対し完全な知識を持っている者が少ない。

法が整備されれば、日本でも確定申告は必須となる問題である。  このようなアプリが出てくることは、日本ユーザーにとっても朗報であると言えるであろう。

関連記事

  1. ナスダックがブロックチェーン活用

  2. 黒田総裁「仮想通貨、影響なし」

  3. カナダの中央銀行がデジタル通貨

  4. ロシア、ビットコインに対する姿勢が軟化傾向

  5. 韓国「取引実名制」導入で取引可能に

  6. 国際送金戦争勃発、国内メガバンクも相次ぎ参戦

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

【上場廃止か??】元飲料会社ロング・ブロックチェーン、社名変更も無意味

ニュース

【あなたは賛成?反対?】ニュースサイトで暗号通貨マイニングを収入源とする試み

ニュース

【超高額!!】不動産物件をBTCで売り出す

ニュース

仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

ニュース

【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっていた

ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

ニュース

Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める