ニュース

ビットコインユーザー向けの暗号通貨申告アプリgaリリース

BaaS系新興企業のNode40が、ビットコインユーザー向けの暗号通貨申告アプリをリリースしたようだ。

仮想通貨業界は、日本に入ってきた当初、「合法マネーロンダリング」とうたっていたブローカーも数多くいたが、徐々に規制下に置かれるようになりついには申告の対象になった。

しかし真面目に申告するつもりのユーザーもその方法がわからないという方も多いはず。このようなアプリの登場は必至である。

初期の段階ではDashユーザー向けにリリースされていたのみだったが、ついに本ソフトウェアを利用することでビットコインユーザーも所得税を正確に計算および管理することが可能になる。

現段階では、本ツールを利用するためにはまず、利用者は手持ちのビットコインをElectrumのウォレットに送金する必要があるが、

これにより確定申告が可能となる。

多くのユーザーは未だ税務処理に関して多くの問題がある。とある取引所を利用し、ビットコイン取引を行っていたユーザーの数は数百万人も存在していたが、

毎年税の申告を行っていた米国のトレーダーはわずか100人しかいなかったという。

この問題は、米国だけには留まらない。

依然としてこの仮想通貨業界は、成長を続けている業界ではあるが、そのため法整備などが未だに整っていないというリスクもある。そのため、

多くのユーザーは税金に対し完全な知識を持っている者が少ない。

法が整備されれば、日本でも確定申告は必須となる問題である。  このようなアプリが出てくることは、日本ユーザーにとっても朗報であると言えるであろう。

関連記事

  1. 取引所は支援対象から除外[韓国]

  2. RippleLabs、米政府に70万ドルの制裁金を課される

  3. 【XRPトークンも!!】ウェスタンユニオンがリップルの技術をテスト

  4. Revolut,銀行業認可取得[欧州の事業促進に貢献なるか]

  5. 5月中旬、暗号通貨イベント一覧

  6. 中国格付け、KMD・BTCが大きく順位上昇

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ