ニュース

富士通研究所が取引性能を高速化させる技術を開発

何かと多方面にわたる技術開発が得意の、富士通研究所が取引性能を高速化させる技術を開発したようだ。

大手企業の仮想通貨業界参入が目立つなか、大企業も自己の強みをいかに仮想通貨業界にて生かしていくかに必死なようだ。

これは富士通がメンバーとなっているHyperledと呼ばれる大手企業が共同でブロックチェーン技術の研究や開発に取り組むコンソーシアムだ。

Fabricはコンソーシアム型と呼ばれる許可を与えられた複数の参加者が対象となるブロックチェーンで、

これにより取引の処理が劇的に速くなるとみられている。

今回開発された技術はブロックチェーン基盤とアプリケーション間の通信を効率化するもので、

これをFabricに実装すると、従来は1秒間に500取引しかできなかったのが、

1,350取引可能になる。 取引のスピードは、投資をする者にとって極めて重要な課題とも言える。

この技術の促進により、取引の処理がボトルネックと考えていた層の参入も充分に考えることが出来るであろう。

関連記事

  1. マレーシア中央銀行暗号通貨禁止か

  2. FinTechが貧困を救う。発展途上国への普及にゲイツ財団が一役。

  3. 5月22日は『ビットコイン・ピザ』記念日

  4. コインチェック、このあと20時に会見へ

  5. フィンテック企業買収発表で株価2600%増

  6. 米著名投資家アイカーン氏、仮想通貨に手を出さない

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

ニュース

【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっていた

ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

ニュース

Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める

ニュース

テレグラムのICOは既に900億円調達済

ニュース

スイスはICOのガイドライン発表

ニュース

コインベースが大規模決済サービスへ