ニュース

富士通研究所が取引性能を高速化させる技術を開発

何かと多方面にわたる技術開発が得意の、富士通研究所が取引性能を高速化させる技術を開発したようだ。

大手企業の仮想通貨業界参入が目立つなか、大企業も自己の強みをいかに仮想通貨業界にて生かしていくかに必死なようだ。

これは富士通がメンバーとなっているHyperledと呼ばれる大手企業が共同でブロックチェーン技術の研究や開発に取り組むコンソーシアムだ。

Fabricはコンソーシアム型と呼ばれる許可を与えられた複数の参加者が対象となるブロックチェーンで、

これにより取引の処理が劇的に速くなるとみられている。

今回開発された技術はブロックチェーン基盤とアプリケーション間の通信を効率化するもので、

これをFabricに実装すると、従来は1秒間に500取引しかできなかったのが、

1,350取引可能になる。 取引のスピードは、投資をする者にとって極めて重要な課題とも言える。

この技術の促進により、取引の処理がボトルネックと考えていた層の参入も充分に考えることが出来るであろう。

関連記事

  1. 暗号通貨が身近に[Lite.IM・XRP Text]

  2. スマホ決済PayPay、今秋開始

  3. ブロックチェーン関連法、事業への影響[マルタ]

  4. リップルのテクノロジーが大手銀行に使用される

  5. ビットコイン用ハードウォレット、9月21日出荷開始

  6. マスターカード、匿名取引システム特許

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ