ニュース

昨日(12/5)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ

  • フランス、デジタル通貨2020年第1四半期に試運用予定
  • スリランカ中央銀行、ブロックチェーン基盤の本人確認システム開発要望
  • GMOコイン、XLMとNEM取り扱い開始
  • 北朝鮮ハッカー集団、Mac向けマルウェア作成
  • 暗号通貨メディアCointelegraph,中国語版提供開始
  • Circle,アメリカのPoloniex利用者に対して出金に関する要請

更新記事

国内暗号通貨取引所GMOコインは新たに暗号通貨ネム(NEM/)とステラ・ルーメン(StellarLumens/XLM)を販売所での取り扱いを開始した。

 

日本経済新聞は三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)とリクルートで2020年に共同出資会社を設立しデジタル金融サービスを提供していく方針にあることを報じた。国内ではLINEPayPayPayのような非金融業による決済サービスとJ-coin-Payやゆうちょペイのような金融業による決済サービスが乱立しており、MUFGはこれに対抗するためホットペッパーなどの顧客基盤を持つリクルートとともにサービスを提供するのだとみられている。

 

南アフリカ準備銀行(中央銀行)が2020年第1四半期にも暗号通貨に関する新たな規制を施行する方針である。同国の2019年7月から9月の国際総生産(GDP)の実質伸び率は前年比率で-0.6%。国外へ資産を逃そうとする富裕層の国際送金規制回避手段として暗号通貨を利用する動きを封じるための規制とされている。

 

カザフスタンで暗号通貨のマイニングに関して非課税とする法案が提出された。近年ではイランやウズベキスタン、中国といった様々な国でマイニングに対する動きが見られている。

 

  • Circle、Poloniex利用者に対して出金要請

 

 

フランス中央銀行は2020年第1四半期にユーロのデジタル通貨試運用を行う予定であることを発表した。EUでは現在非現金決済の3分の2以上が海外企業のカードで行われており、競合する欧州の業者は地域内に注力していることから、海外業者に大きく依存している状況の改善のため、独自の決済システム構築に動き始めている。今回のフランスはこうした動きによってさらに加速していくと予想されている。

関連記事

  1. Ripple社のSWELL[2019年の動き]

  2. 1週間(1/5~1/12)のニュース

  3. 『南米のeBay』と呼ばれる企業、ビットコイン関連プラン発表

  4. ポーランド、課税改正草案発表するも反対の声 そして日本

  5. ジンバブエ、取引所と規制に翻弄される投資家

  6. 登録業者Xtheta、新たにコワーキングスペースオープン予定

PAGE TOP

ニュース

CROSS exchange運営会社へ警告[金融庁の警告と効力]

ニュース

金融庁、違法な金融業者に関する情報更新[登録業者か確認を]

ニュース

ルーマニア、暗号通貨税制改正

ニュース

デジタル化に合わせた法整備[政治家への個人献金も]

ニュース

自民、デジタル通貨に関する提言[日銀のCBDC共同研究参加]

ニュース

WEF,CBDCに関する枠組み公表[国際的な動き]

ニュース

昨日(1/23)のニュースまとめ

ニュース

NEC,超高速次世代型ハイブリッドデータベース開発[共同研究]