ニュース

仮想通貨のATMが増殖傾向

今話題の「Bitcoin」のインフラ面がかなり充実してきている。

特に、ニューヨークではいつでもどこでもビットコインが使えるようになるビットコインATMが至る所に設置されている。

ビットコインを好きな時に売り買いできる「ビットコインATM」は2013年「Robocoin」という名称で誕生。
生体認証でユーザーを確認し、ビットコインの取引が可能になるというマシーンであった。
世界初のビットコインATMが登場してから約4年が経過しているが、
その間、世界の至る所にビットコインATMは増殖しており、
その設置場所を地図上で確認できるサービス「Coin ATM Radar」が登場。
そのCoin ATM Radarによると、アメリカ・ニューヨーク周辺にはビットコインATMが117台も確認することができる。
このCoin ATM Radarによると、現在世界中にはビットコインやその他の仮想通貨を取引できるATMが1369台、
ビットコインATMがなくても現金でビットコインの取引が可能なサービスプロバイダーは3万6345件も存在しているようで、
仮想通貨が世界的にかなり浸透してきていることが分かる。
また、Coin ATM Radarで日本を見てみると東京近郊に13台、
中国四国地方に2台のビットコインATMが存在することが分かり、日本でも着実にビットコインが浸透していると言えるだろう。

関連記事

  1. 金融庁はICOを危険視

  2. 仮想通貨ヘッジファンドの数が4ヵ月で倍増=英金融調査会社

  3. CoinGecko,新たな取引高算出方法[取引所の信頼スコア可視化]

  4. 日本初の暗号通貨ファンドがICONと提携

  5. ロシア、暗号通貨取引の追跡ツール導入へ

  6. 昨日(10/29)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨で代金を支払いたいという提案があり…[コインの森何でも相談]

ニュース

昨日(1/18)のニュースまとめ

ニュース

仮想通貨で多くの詐欺にあってしまいました。[コインの森なんでも相談]

ニュース

リップルアルファに関する勧誘[コインの森なんでも相談]

ニュース

コインの森トレード学習講座[経済指標とは、その扱い]

ニュース

STO協会、ワーキング・グループを設置[ガイドライン策定のための検討]

ニュース

三菱UFJ、デジタル化促進へ[デジタル通貨・STO・決済ネットワーク]

ニュース

筑邦銀行、SBIと資本業務提携[地域金融機関との第4メガバンク構想]