ニュース

仮想通貨のATMが増殖傾向

今話題の「Bitcoin」のインフラ面がかなり充実してきている。

特に、ニューヨークではいつでもどこでもビットコインが使えるようになるビットコインATMが至る所に設置されている。

ビットコインを好きな時に売り買いできる「ビットコインATM」は2013年「Robocoin」という名称で誕生。
生体認証でユーザーを確認し、ビットコインの取引が可能になるというマシーンであった。
世界初のビットコインATMが登場してから約4年が経過しているが、
その間、世界の至る所にビットコインATMは増殖しており、
その設置場所を地図上で確認できるサービス「Coin ATM Radar」が登場。
そのCoin ATM Radarによると、アメリカ・ニューヨーク周辺にはビットコインATMが117台も確認することができる。
このCoin ATM Radarによると、現在世界中にはビットコインやその他の仮想通貨を取引できるATMが1369台、
ビットコインATMがなくても現金でビットコインの取引が可能なサービスプロバイダーは3万6345件も存在しているようで、
仮想通貨が世界的にかなり浸透してきていることが分かる。
また、Coin ATM Radarで日本を見てみると東京近郊に13台、
中国四国地方に2台のビットコインATMが存在することが分かり、日本でも着実にビットコインが浸透していると言えるだろう。

関連記事

  1. 大暴落で取引所に痛手か

  2. 広告業界でもブロックチェーン技術活用

  3. コインチェックの今後の見通し

  4. BTCによる市場価格の影響は減少していく

  5. ロシア法整備へ

  6. 中国、新たにブロックチェーン技術の実装

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

貿易の安全性・透明性の改善へ[シンガポール]

ニュース

SBI VC新規口座開設開始

ニュース

ICOの現実 ホワイトペーパーの存在

ニュース

Basic Attention Token(BAT)とは?

ニュース

ステラのBCを利用したステーブルコイン、IBM支援

ニュース

昨日(7/19)のニュースまとめ

ニュース

金融機関、KYCの共同化[日本]

ニュース

GMO、ネット銀行事業開始