ニュース

VISAカードが仮想通貨の普及を促進させる

仮想通貨業界が世界的に盛り上がり、ビットコインをはじめイーサリアムやXRP(リップル)の価値が急激に上がり、

世界では『仮想通貨長者』が続出している。まさしく、『大仮想通貨時代』の到来なのである。

そもそも、仮想通貨自体、今現在では何種類存在するのか私でも把握できていないほど多く存在する。 しかしごく一般ユーザーが疑問に思うことは「その仮想通貨」ってどこで使えるのか?ということだ。 街で使えれば、米ドルを持っているような感覚で仮想通貨初心者も理解しやすいが、 なかなか使えるところがないと「通貨ではないの?」と疑問に思う人も多くいるだろう。

そこで決済事業を行っている一部の関係者が考える 「仮想通貨の使い方」のひとつがビットコインとVisaカードを組み合わせるという考えだ。 考え方はシンプルで「どこでもいつでも暗号通貨を使えるようにする」という目的のために、 デビットカードと銀行ライセンスの支援を元にビットコインを現実世界に結びつけることができるのではと考えている。 現存する決済事業者は、複数のデジタル通貨をドル、円、ユーロなどの法定通貨に変換する”簡易両替所”で あると考えることもできる。 実際に一部の決済事業者はビットコインなどのデジタル通貨を使った支払いをより容易にしようと試みている。

決済事業者のデジタルウォレットとVisaカードに接続することで、ユーザーは、ユーザーの現地の通貨を使って簡単に買い物ができる。 そして、その支払い金額はユーザーのデジタル通貨口座から引き落とされる。 これにより、ビットコインの需要が高まり、さらなる発展を遂げるであろう。

関連記事

  1. ドラッグ&ドロップで仮想通貨の損益計算

  2. 日銀副総裁、フィンテックの業務活用に言及

  3. ベラルーシ、ICO投資を行うのは審査制

  4. Ernst & Youngが約1300万ドル分のビットコインを…

  5. BNBのバーン、そろそろか

  6. トランプ大統領が暗号通貨を配布⁈

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ