ニュース

ICO・IMO・IEO・STOとは?[コインの森何でも相談]

質問のポイント

  • 次々に誕生する暗号通貨用語
  • ICOIMOIEOSTO

いつもコインの森をご愛読いただき誠にありがとうございます。今回、新たな質問が寄せられたので、回答させていただきます。コインの森ではページ下の「問い合わせ」からいつでも無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。内容によっては対応ができない場合もございますが、ご了承ください。また相談をされる際は、当サイトの返信メールを受信できるよう、ドメイン「coinsforest.com」の受信許可設定をお願いいたします。拒絶された場合の再送信は致しませんのでご了承ください。今回の質問は以下のものになります。

ICOは、わかるのですが、IMOIEOSTOなど、新たな単語が多く、わかりません。ICOとの、違いと、合わせて、教えていただけると、助かります。

 

ICOとは

ICO(Initial Coin Offerring)とは、企業や団体が電子的にトークンを発行し、公衆から資金調達を行う行為の総称となっています。つまり株の新規株式での資金調達の暗号通貨バージョン、といったものです。ICOでは調達された資金は、その暗号通貨・ブロックチェーンプロジェクトの開発・運営に利用されることが想定されています。そのため「プロジェクト」のロードマップ、開発チーム、法的性質など具体的な内容があるかどうかで投資家は投資判断を行う形となっています。

証券・株式のような取引所が存在しないため、企業・団体の規模・歴史にかかわらず投資家によって「可能性がある」とされるプロジェクトに資金が集まるため、優秀なスタートアップ企業等が資金の問題を抱えることなく成長できると評価されています。その一方で取引所などの審査を行う機関が存在しないために、投資家から資金を集めることを目的とした詐欺集団もICOを行うことが可能であり、世界的にICOによる詐欺被害がみられたためこれを禁止する国が多く存在しています。

 

IMOとは

IMO(Initial Model Offering)とは、段階的に少量のトークン販売を行う資金調達法であり暗号通貨規制が厳しい中国で行われたものとなっています。特徴としてはModelとあるように一度に大量の資金を集めるのではなく、段階的に少額の資金調達を行うことで市場価格を形成していくことが挙げられます。

 

IEOとは

IEO(Initial Exchange Offering)とは、ICOExchange(取引所)で行うといったものです。これまでのトークンを利用した資金調達ICOとは異なり、取引所の利用者しか売買できない仕組みであり、取引所がトークンの審査を行ってくれるためにIEOではICOと比較して利用者が安心して投資できるような環境となっているとされています。

取引所が世界的に利用されている取引所であったり、各国の認可を受けた取引所であったりすると、利用者・規制当局の信頼を失わないよう厳格な審査が行われるため、比較的安全に投資ができるとされています。しかしながら、認可を得ていない取引所・利用者が限定されている取引所においては、失うものは何もないため詐欺プロジェクトと繋がり「IEOだから安全」という宣伝を行い、投資家を集めるといった手法もみられ、手放しで安全というわけではないという点には注意が必要です。

 

STOとは

STO(Security Token Offering)とは、ブロックチェーン等の電子的手段を用いて発行される有価証券である「セキュリティトークン」を利用した資金調達方法。ICOIMOIEOにおいては「暗号通貨」を利用した資金調達方法となっていますが、このSTOでは有価証券などの既存の金融商品をトークン化し、資金調達を行うといったものとなっています。

日本では20195月に「情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律」が成立し、その中で「電子記録移転権利(セキュリティトークン)」が規定されるなど、STOの普及に向けた環境が整備されつつあり、MUFGや野村HDなど証券取引を提供してきた企業がSTO含めたデジタル資産取引プラットフォーム開発に動いています。

 

変化の激しいデジタル資産

暗号通貨含めたデジタル資産市場は、技術発展や規制の変化を大いに受け急激に変化していきます。そしてこうした変化を悪用し新たな詐欺も存在しますので、暗号通貨投資を行う際には、信用に値するプロジェクトであるか、事業を行うに必要な認可を取得している企業であるか、連絡が取れるかなどを確認し、十分に注意してから行ってください。

 

関連記事

 


コインの森ではいつでも無料相談を受け付けておりますが、すぐさますべての質問に対して対応できるわけではなく、回答までに多少お時間をいただいてしまいますことを予めご了承ください。また、メールでの回答をさせていただいても、拒否設定になっている場合はお返事ができませんので設定確認をお願い致します。

※本記事は暗号通貨関連情報の共有・説明を目的としたものであり、暗号通貨投資を勧めるものではございません。投資を検討する場合には暗号通貨が法定通貨と異なり、価値が保障されているものではないということを理解したうえで、事業内容・企業等をよく確認し、リスクを十分に理解して、自己判断・自己責任で行ってください。暗号通貨は必ずしも裏付けとなる資産を持つわけではなく、価格が急騰・急落する可能性のほか、突然無価値になってしまう可能性も存在します。取引を行う際にはその可能性を十分理解してから行ってください。また、暗号通貨を悪用した詐欺も増えておりますので、悪徳商法や詐欺には十分ご注意ください。

関連記事

  1. 「国際ブロックチェーン投資開発センター」設立中止

  2. 仮想通貨の取得は非課税になる見込み

  3. BinanceのステーブルコインBUSD

  4. Ripple社のXpringとBitPay、提携[XRPの利用]

  5. 詐欺かどうか判断するに必要なこと

  6. 再生可能エネルギーを使用してマイニング

PAGE TOP

ニュース

Morgan Stanley、ネット証券E*Trade買収[暗号通貨市場への参入…

ニュース

OSCE、中央アジア諸国と情報共有[取締機関での協力体制]

ニュース

昨日(2/22)のニュースまとめ

ニュース

ノアコインを所有しているのですが…[コインの森なんでも相談]

ニュース

マルタ、Binanceが認可を得ていないことを公表[法規制準拠とは]

ニュース

FCoin、再開計画に関する協議を発表[時間稼ぎが目的?]

ニュース

JCCA,消費実態調査公表[使い分け派をキャッシュレス派へ]

ニュース

昨日(2/21)のニュースまとめ