ニュース

BITPoint、送金フロー変更[二段階認証必須に]

記事のポイント

  • 取引所BITPoint、送金フロー変更
  • 送金時、二段階認証必須
  • 送金アドレス登録機能追加

取引所BITPointは、セキュリティ対策の一環として送金フロー変更を告知した。BITPointでは20197月に起きた暗号通貨流出事件以降セキュリティ強化への取り組みに注力している。事件当初は全取引所サービスの提供を停止していたが、すでに法定通貨の入出金、店頭仮想通貨証拠金取引サービス、仮想通貨現物売買取引サービス、送金サービスが再開されている。

 

二段階認証を必須に

1118日、国内仮想通貨登録済み交換業者である株式会社ビットポイントジャパン(BPJ)は、同社が運営する取引所BITPointにおいてセキュリティ対策の1つとして暗号通貨の送金フローの変更を行う。変更日時は2019112116時頃からとなっているが、アクセス状況等によっては前後する可能性がある。

前述の通り変更はセキュリティ対策を目的としたものとなっており、暗号通貨の送金・送金先登録には二段階認証の通知方式をGoogle Authenticator、もしくはSMS通知に設定することを求めるほか、送金先アドレスを登録する機能が追加される。これにより送金時には2段階認証を行うことが必須となる。また、任意で送金先アドレスを登録することが可能となるため、送金の利便性も向上する。

  • 株式会社ビットポイントジャパン 親会社に株式会社リミックスポイントを持ち、暗号通貨取引所「BITPoint」の開発・運営を行っている。国内だけでなく香港や韓国・台湾・マレーシアなどで交換業を行っているほか、中国で暗号通貨取引所の運営コンサルティング等の業務も行っている。最近ではカーチスや日の丸リムジンと国内の様々な企業と業務提携を行い暗号通貨決済の普及に努めている。2019年3月、リミックスポイントの完全子会社となる。

 

関連記事

 


参考:BITPoint[仮想通貨の送金フローの変更について]

関連記事

  1. 金融庁、暗号通貨に関する研究会初会合

  2. ベネズエラ大統領、ツイッターで仮想通貨ペトロの需要の大きさを訴求

  3. アメリカ、FATFガイダンスに合わせた動き

  4. 昨日(5/31)のニュースまとめ

  5. 昨日(7/6)のニュースまとめ

  6. 黒田総裁「ほとんどが投機の対象」[他の先進国の中銀と同様の考え]

PAGE TOP

ニュース

P2P電力取引実証プロジェクト立ち上げ[ブロックチェーン]

ニュース

バイナンスの登録方法を教えてください[コインの森なんでも相談室]

ニュース

金融庁、フィンテックと銀行の契約状況公表

ニュース

行政システム仕様統一へ[2040年問題と電子政府実現]

ニュース

ダークウェブで暗号通貨アカウント販売提案[犯収法違反]

ニュース

昨日(2/25)のニュースまとめ

ニュース

コインの森トレード学習[チャートパターン①]

ニュース

投資で大切な安全性・収益性・流動性[初心者向け]