ニュース

SBI「TIF設定時間は0ミリ秒」[11月18日より設定]

記事のポイント

  • SBI利用者「注文が先回りされている」
  • SBITIF設定時間は0ミリ秒」

1118日、日本経済新聞がSBI証券利用者から「株の売買注文を先回りされている」という不満の声が上がっているという報道を行った。これに対しSBI証券はこれに弁明する声明を発表した。「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を提供するとしているSBI証券だが、利用者からは不満の声がみられている。

 

「注文が先回りされている」

日本経済新聞の報道によるとSBI証券利用者は「10月から不利な値段でしか約定できないことが増えている」「体感では約3分の1の注文が誰かに先回りされている」と不満の声を漏らしているという。だが、SBI証券は[SOR(スマート・オーダー・ルーティング)]という複数市場で最良の値段をつけている市場をコンピュータが自動的に判定し、その市場に発注するシステムを導入している。具体的にはSORで「ジャパンネクストPTS」の第1市場(J-Market)及び第2市場(X-Market)で提示されている気配価格等を監視し、原則、最良価格を提示する市場を判定して、注文執行が行われている。このシステム通りであれば、利用者にとって最適な市場が提供される。

しかしながら、SBIでは不満が出始めた10月より従来の「IOC」ではなく「TIF」という注文執行方法を導入した。IOCでは投資家は中耳に成立可能な数量のみに執行し、約定できなかった分は即座にキャンセルする方法であり、発注時に成立しなかった注文は直ちに取り消しされるため、板情報に注文が表示されない。しかしながらTIFではIOCと異なり、決まった時間に投資家の注文がいた情報に掲載される仕組みとなっている。この「特定の時間」に注文が晒されたことによって「注文の先回り」が行われたのではないかとされている。

 

TIF設定時間は0ミリ秒」

前述の通りSBISORにおける注文執行方法はTIFとなっている。日本経済新聞の複数市場関係者への調査から、注文情報が掲載される時間は「100~300ミリ秒」の範囲の中で設定されていたとみられている。

これに対し、株式会社SBI証券は「20191118日現在において、TIFの設定時間は0ミリ秒となっております。」と声明発表を行った。設定時間は「0ミリ秒」とされているが、声明では「20191118日から「0ミリ秒」としております。」と報道が行われた日時より「0ミリ秒」になっていることから、不満の声が多くみられている。

 

関連記事

 


関連記事

  1. 個人向けの暗号通貨保険誕生[取引所ではなく個人で契約]

  2. 1週間(5/27~6/2)のニュースまとめ

  3. 殺し屋への報酬は暗号通貨支払い

  4. CoinCheckは未だ認可降りず

  5. 昨日(12/23)のニュースまとめ

  6. 女優の北原里英氏、サイバー犯罪注意喚起

PAGE TOP

ニュース

NEC,超高速次世代型ハイブリッドデータベース開発[共同研究]

ニュース

インド中銀の金融機関に対する制限と一般的な暗号通貨利用

ニュース

電通、ブロックチェーン技術活用に関する共同研究[n次創作]

ニュース

ドル円の考察 ~雰囲気トレーダー代表~

ニュース

暗号通貨、7800万円詐取[元社員による運営資金不正送金]

ニュース

アメリカ連邦準備理事会、デジタル通貨研究へ

ニュース

6つの中央銀行とBIS、CBDCに関する共同研究

ニュース

昨日(1/21)のニュースまとめ