ニュース

Binance、世界180種の法定通貨に対応計画

記事のポイント

  • 世界180種の法定通貨に対応
  • 世界大手取引所Binance
  • 法定通貨の価格変動

世界的大手暗号通貨取引所Binance(バイナンス)は、取引サービスにおいて世界中の法定通貨に対応する計画を発表した。法定通貨の取り扱いについて積極的な姿勢であった同取引所はいよいよ全法定通貨に対応するための準備を進める。

 

世界180種の法定通貨に対応

シンガポールで開催されたミートアップにて、世界的大手暗号通貨取引所Binance(バイナンス)は、取引サービスにおいて世界中の法定通貨に対応する計画を発表した。すでに同取引所では、ユーロやナイジェリア・ロシア・カザフスタンの法定通貨対応を発表してきたBinanceだが、今回のサービス提供によってより多くの法定通貨を利用した暗号通貨取引が可能となり、取引の流動性も向上すると期待されている。

  • Binance マルタに拠点を構える暗号通貨取引所。(同国認可は未取得)世界的に取引サービスを提供しており、取り扱っているコインの多さ、問題発生時の対応の速さや良さから利用されている取引所である。。

 

全法定通貨への対応

20189月に開催されたCoindesk主催のカンファレンスで、同取引所CEOであるCZ氏は「2019年中に法定通貨と暗号通貨の取引所を各大陸に2つずつ開設したい」と暗号通貨の取り扱いだけでなく法定通貨の取り扱い意欲に関しても明らかにしていた。これは暗号通貨を普及させるためには、どの法定通貨であっても取引可能な場を設ける必要があると同氏が考えているためである。暗号通貨が世界的に利用可能になりつつあるものの、広く普及することを考えるのであれば、取引が盛んな地域の法定通貨だけでなく各国の法定通貨との取引に対応することが必要であると訴えてきた。

そうした取り組みを進めてきたBinanceが世界に存在する全法定通貨に対応する計画を立ち上げることに好意的な意見が多くみられている。ただアルゼンチンやベネズエラのように自国通貨が暗号通貨以上に不安定な国も多く存在しており、各国法定通貨に対応してもそうした価格変動などの問題から、流動性向上への影響は限られるのではないかという見方も存在している。

 

Paxosと提携するBinance

また、Binanceはステーブルコインを発行するPaxos(パクソス)と提携し、Paxos利用者は20195月から利用できたサービス[Fiat Gateway]を実装する。これは利用者がドルとステーブルコインを11で交換可能とするサービスである。今回BinanceAPIを統合することによって、Binanceでのサービス利用を可能にした。

 

関連記事

 


関連記事

  1. ETH、証券化の心配なし

  2. アマテラスコインからの電話が止まらない[コインの森]

  3. コインベース、機関投資家向け商品を開発

  4. ビットコイン生みの親がノーベル賞に推薦される

  5. 次世代銀行「smartBANK」

  6. 疑わしい取引、去年のおよそ9倍に[警察庁公表]

PAGE TOP

ニュース

P2P電力取引実証プロジェクト立ち上げ[ブロックチェーン]

ニュース

バイナンスの登録方法を教えてください[コインの森なんでも相談室]

ニュース

金融庁、フィンテックと銀行の契約状況公表

ニュース

行政システム仕様統一へ[2040年問題と電子政府実現]

ニュース

ダークウェブで暗号通貨アカウント販売提案[犯収法違反]

ニュース

昨日(2/25)のニュースまとめ

ニュース

コインの森トレード学習[チャートパターン①]

ニュース

投資で大切な安全性・収益性・流動性[初心者向け]