ニュース

Ripple社、新たな商品発表[RippleNetの拡大]

記事のポイント

  • Ripple社主催のカンファレンス閉幕
  • 新たなプロダクト発表
  • 拡大するRippleNet

新たなプロダクト発表

117日・8日の2日間開催されたRipple社のカンファレンス[SWELL]にて、Ripple社は新たなプロダクト[RippleNet Home]を発表した。これは現在インフラとして機能しているRippleNetのハブとして機能するものであり、RippleNet参加者同士が直接つながり取引分析や取引内容をリアルタイムで確認することを可能にするものであるという。取引の透明性向上だけでなく、分析・確認が可能であることから市場のシェア予測まで可能になっており、事業で活用されることを想定したものとなっている。Ripple社は現在このリップルネット・ホームに関する意見を募集しているようだ。

  • RippleNet  Ripple社が構築する国際送金ネットワーク、送金インフラとなっている。RiippleNetへの参加はRipple社の提供するxCurrentxRapid(現:ODL)・xViaのいずれかを使用することを意味する。現在、200を超える金融機関が同ネットワークに加盟している。

 

まとめ

Ripple社と提携官邸にあるMoneyGramが新たにODLを利用した送金ルート開設を発表し、Ripple社がODLの取引量発表通りにODL含めたRipple社の提供する送金ソリューションは普及しつつあり、RippleNetも拡大してきている。そうした中で今回発表されたリップルネット・ホームがどのように活用され、どのような効果をもたらすものとなるのか関心が寄せられている。

 

関連記事

 

参考:Twitter[ @Ripple ]

関連記事

  1. Coinbase、特許取得[メールアドレスでの送金]

  2. 国内で進むブロックチェーンの活用

  3. Binance、世界180種の法定通貨に対応計画

  4. シティグループ、暗号資産関連での求人[大手金融機関とアメリカでの定義見…

  5. 仮想通貨取引所バイナンス、ハッカー逮捕に特別報奨金25万ドルを提示

  6. ソーラパネル、使用料を暗号通貨払い

PAGE TOP

ニュース

経済産業省、ポイント還元に関する状況報告

ニュース

Aerial Partners、ディーカレットにシステム提供

ニュース

スタートバーン、ブロックチェーン証明書とICタグをセットで提供[コンテンツ管理]…

ニュース

昨日(3/27)のニュースまとめ

コラム

ドル円 鉄板【R-1】発動‼ “仏のR特別講義”

コラム

海外FXブローカーは非常事態を待っている‼

ニュース

Huobi,レバレッジ取引サービス開始へ

ニュース

ビットバンク、スマホでの本人確認に対応[システムはシンプレクスが担当]