ニュース

BCH,11月15日にアップグレード予定[内容と国内取引所対応]

記事のポイント

  • ビットコインキャッシュ、1115
  • マイニングの難易度調整アルゴリズム変更
  • 国内取引所の対応

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)1115日にアップグレードを予定している。今回のアップグレードでは、マイニングの難易度調整アルゴリズム変更を予定しており、新規コイン発行の予定はない。BCHを取り扱っている国内取引所では、それぞれ対応を発表しているため、BCHを保有している方は確認しておくことをお勧めする。

 

BCH,1115日にアップグレード

暗号通貨ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)1115日にアップグレードを予定している。今回のアップグレードでは、マイニングの難易度調整アルゴリズムを変更するものとなっている。

現在、BCHではこの難易度調整アルゴリズムとして[Emergency Difficukty Adjustment/EDA]を採用している。難易度調整ではマイナーがマイニングする権利を獲得するための計算が行われており、この計算を素早く溶けたマイナーガマインニングを行う権利を獲得し、マイニング報酬を獲得することが可能となっている。この現在採用されているEDAでは、BCHのマイニング参加者が増加すると調整のために、権利獲得のための計算の難易度が上昇し、参加者が減少した場合には難易度が低下する仕組みとなっている。EDAでは、マイナーの増減に反応することが可能である一方で、前述の理由から計算難易度が上昇しマイニングに時間がかかる問題や難易度が低下することでの不正取引リスクが高まるなどの課題が存在していた。これを解決すべく、今回のアップグレードにて[Difficukty Adjustment Algorithms/DAA]を採用する。

このDAAではEDAとは異なり、難易度を安定化させる仕組みとなっている。EDAではマイナーの増減により難易度が機敏に変化しており、難易度が上昇した際にはマイナーが離れ取引が円滑に行われないなどの問題があったが、DAAではD601というアルゴリズムをもとに開発され、今までよりも安定した難易度調整が行われるようになっている。

そのため、今回のアップグレードによってBCHの送金に関する利便性が向上するのではないかと期待されている。

  • フォーク 「フォーク」という言葉は暗号通貨やソフトウェア開発などでは「分岐」というニュアンスで用いられる単語である。これまで暗号通貨ではこの開発前と後で相互互換性を持たない新しい仕様のコインに分岐することを「ハードフォーク」と呼び、フォークを行っても更新前のしようと相互互換性を維持しつつ新しい仕組みも適用する場合は「ソフトフォーク」と呼んでいた。しかし、「フォーク」という単語からコイン発生の誤解が広まることが多いため、近年では「新規コイン発生」が予定されていないものに関しては「アップグレード」「アップデート」と表記することが増えてきている。

 

国内取引所の対応

国内でビットコインキャッシュを取り扱っている取引所は以下の通り。対応時間に差異は見られるものの、基本的に入出金サービスが停止するのみで取引は可能となっている。

  • QUOINE
  • bitFlyer 1516時頃からBCHの入金送金を一時停止。再開はチェーンの安定稼働確認後、追って連絡。
  • Bitbank 1517時から1611時までの期間BCHの入出金を停止。BCHの取引は可能。(BCHのチェーンの状態によっては停止時間が前後する可能性)
  • GMOコイン 1516時よりBCHの入出金を停止。チェーン安定稼働確認後にサービス再開。相場急変によってスプレッド拡大等の影響を受ける場合はBCH関連のサービス停止の可能性もある。
  • Huobi 
  • BTCBOX 1512時よりBCHの入出金を一時停止。チェーンの安定稼働確認後サービス再開の連絡。
  • BITPoint BCHのアップグレード開始時期からチェーンの安定稼働が確認されるまでの間BCHの送金を一時停止。(詳細は後日)
  • コインチェック 111516時頃を目安にBCHの入出金を一時停止予定
  • 楽天ウォレット 15日18時よりBCHの入出金を一時停止。チェーン安定稼働確認後再開予定
  • Decurret 1517時ごろからBCHの入出金を一時停止。再開日時は安全性が確認できたのチベット連絡。
  • BITMAX
  • フィスコ仮想通貨取引所 BCHの入出金を111516時頃に一時停止。チェーンの安定稼働を確認したのち再開予定。BCHの取引は可能
  • Zaif BCHの入出金を111516時頃に一時停止。チェーンの安定稼働を確認したのち再開予定。BCHの取引は可能

 

まとめ

今回のアップグレードはマイニングの難易度調整アルゴリズム変更であり、新規コイン発生の予定はない。取引所もアップグレード時期に合わせ基本的には入出金停止措置を事前に発表している。

 

関連記事

 

関連記事

  1. コインチェック再開目処も、出金申請300億

  2. 【世界基準が見えてきた】ドイツがICOに規則導入

  3. スマホ決済、競争激化[日本]

  4. ビットコインの拡張性について

  5. 仮想通貨の割安・割高ランキング

  6. 国内産暗号通貨 MONAコイン

PAGE TOP

ニュース

XLM、予定通り上場[JVCEAの新規取り扱い銘柄に追加]

ニュース

SBIと福島銀提携[金融機関の再編]

ニュース

シンガポール、国際送金効率化へ[MASとJPモルガン]

ニュース

テンセント、香港でVirtual bank設立へ[中国]

ニュース

昨日(11/11)のニュースまとめ

ニュース

東京大学でRipple講演[国際送金の課題]

ニュース

バーゼル銀行監督委員会による会合[暗号資産への見解]

ニュース

VeChain,CIIEで追跡システム発表[中国の動き]