ニュース

昨日(11/9)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ

  • 富山第一銀行、独自デジタル通貨での電子決済体験サービス開始
  • マレーシア、現金取引の制限設定
  • Ethereumのアップグレード、12月4日に実施
  • 取引所Binance,ユーロとウクライナ・カザフスタンの法定通貨3種の取り扱い開始
  • マレーシア中銀、預金準備率を0.5%引き下げ
  • 富士通、2019年度に判断根拠提供可能なAIの実用化へ
  • ベトナムの取引所VinDAX,約50万ドル相当の資金流出

更新記事

金融庁登録済み仮想通貨交換業者であるコインチェック株式会社は、暗号通貨ステラ・ルーメン(StellarLumens/XLM)に関する疑惑を公式Twitterで否定した。国内では新たに上場させるには金融庁・JVCEAの認可が必要であり、これに多くの時間を要することから上場申請を行った時点で、コインチェックが情報を把握していた可能性は低いとみられている。ただ一方で、上場予定が発表された後に「コミュニティとの議論・取引所への情報開示」なしにバーンが行われたXLMを予定通り上場させるのかという問題も浮上している。

 

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)1115日にアップグレードを予定している。今回のアップグレードでは、マイニングの難易度調整アルゴリズム変更を予定しており、新規コイン発行の予定はない。BCHを取り扱っている国内取引所では、それぞれ対応を発表しているため、BCHを保有している方は確認しておくことをお勧めする。

 

117日・8日の2日間開催されたRipple社のカンファレンス[SWELL]にて、Ripple社は新たなプロダクト[RippleNet Home]を発表した。これは現在インフラとして機能しているRippleNetのハブとして機能するものであり、RippleNet参加者同士が直接つながり取引分析や取引内容をリアルタイムで確認することを可能にするものであるという。

 

  • マレーシア、現金決済の制限設定予定

 

関連記事

  1. 中国政府、マイニング産業の「淘汰」検討[中国の法規制状況]

  2. 取引所BITPoint、キャンペーン延長[平成最後の新規口座開設]

  3. ライトコイン、SegWit対応が現実味

  4. アリババ、ブロックチェーンによる送金実験成功

  5. ビットフライヤーがアメリカへ展開か?

  6. Ripple社、マドンナと寄付プロジェクト

PAGE TOP

ニュース

EVETokenとは?取引所bitcastle[コインの森]

ニュース

Nayuta、NayutaWalletソースコード公開

ニュース

BitClub、詐欺で逮捕

ニュース

竹田泰氏、ステーブルコイン[xcoin]発行計画[プライベートチェーンでの発行]…

ニュース

取引所HuobiでBTC還元キャンペーン

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

1週間(12/3~12/10)のニュースまとめ

ニュース

関西電力・日本ユニシス、共同研究[ブロックチェーン]