ニュース

LINE、キャンペーン開催[BITMAX口座開設でXRP]

記事のポイント

  • LINE、キャンペーン開催
  • アプリ一つで取引可能
  • 取引所BITMAX

LINE株式会社のグループ会社であり国内仮想通貨交換業者LVC株式会社が運営する取引所BITMAXにて、キャンペーンが開催されている。チャットサービスとしてだけでなく決済手段としても幅広く利用されているLINEの中で利用できる暗号通貨サービスであるため、若年層の暗号通貨投資を後押しするのではないかと期待されている。

 

LINE、キャンペーン開催

117日、LINE株式会社のグループ会社であり国内仮想通貨交換業者LVC株式会社が運営する取引所BITMAXにて、キャンペーンが開催されている。同キャンペーンは117日から1120日までの期間に新たに口座開設を完了した利用者勢院を対象に、1,000円相当の暗号通貨リップル(Ripple/XRP)を配布するものとなっている。

口座開設は、利用規約等への同意を行ったのちに本人確認を行うことで完了する。本人確認が完了しなければ、対象とはならないため注意が必要である。また、開設申請を期間中に行っていても本人確認が期間内に完了していなければXRP配布の対象とはならないため注意が必要である。条件達成後、取引所BITMAX内のキャンペンページから[受け取る]ボタンへアクセスすることでBITMAXの口座に自動でXRPが振り込まれるが、前述の作業を行わずにキャンペーン期間が終了した場合は、条件を達成していてもXRPを受け取ることが不可能となるため注意が必要である。

 

BITMAX

BITMAXは、前述の通りLINE子会社が運営する取引所でありLINEと連携して利用することが可能であるため、新たにアプリをインストールするのではなくLINEアプリの[ウォレット]から取引を行うことが可能となっている。日常的な連絡手段として普及しているLINEサービス内で利用できることから、お試しとして気軽に購入する方が増えていくのではないかと期待されている。

同取引所では、ビットコイン(Bitcoin/BTC)、イーサリアム(Ethereum/ETH)、リップル(Ripple/XRP)、ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)、ライトコイン(Litecoin/LTC)の計5種の暗号通貨の取引が可能。取り扱い通貨は少ないが、LINEPayと連携して利用できることやLINE内でのサービス連携が可能なことから、今後のサービス展開に期待されている。また、セキュリティとして世界最高水準の技術を提供するBitGo Inc.のウォレットを採用しているほか、コールドウォレットによる管理を導入し、ウォレットの管理体制強化のための専門チームを設けている。特に、BitGoは、2018913日にアメリカ、サウスダコタ州の銀行部によって、公式なカストディアン(資産管理者)として認定された世界有数の暗号通貨セキュリティ企業であり、機関投資家向けサービスにおいても採用されていることから、資産の安全性に関しては評価が高くなっている。

  • 仮想通貨交換業 日本では①仮想通貨の売買または他の仮想通貨との交換、①の行為の媒介、取次または代理、それらすべての行為に関して利用者の金銭又は仮想通貨の管理を行うカストディ業に関しては資金決済法の適用を受け、規制当局の認可が必要な業務となっている。この認可取得企業は金融庁の「仮想通貨交換業者 登録一覧」にて確認が取れるため、取引所サービス等仮想通貨交換業のサービスを受ける際には確認することをお勧めする。

 

関連記事

 


参考:LINE株式会社[LINEの仮想通貨取引サービス「BITMAX」、新規口座開設で1,000円相当の仮想通貨がもらえる「BITMAXスタートキャンペーン」を開催]

※本記事は暗号通貨関連情報の共有・説明を目的としたものであり、暗号通貨投資を勧めるものではございません。投資を検討する場合には暗号通貨が法定通貨と異なり、価値が保障されているものではないということを理解したうえで、事業内容・企業等をよく確認し、リスクを十分に理解して、自己判断・自己責任で行ってください。暗号通貨は必ずしも裏付けとなる資産を持つわけではなく、価格が急騰・急落する可能性のほか、突然無価値になってしまう可能性も存在します。取引を行う際にはその可能性を十分理解してから行ってください。また、暗号通貨を悪用した詐欺も増えておりますので、悪徳商法や詐欺には十分ご注意ください。

関連記事

  1. 【速報】中国で暗号通貨取引所が閉鎖か

  2. 台湾ギャングがBTCマイナー銃撃

  3. 中国の取引所「BTCC」が閉鎖

  4. 暗号通貨プロジェクトLibraへの正式加盟21社

  5. イーサリアムは更なる利便性を求める

  6. 1週間(12/10~12/16)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

XLM、予定通り上場[JVCEAの新規取り扱い銘柄に追加]

ニュース

SBIと福島銀提携[金融機関の再編]

ニュース

シンガポール、国際送金効率化へ[MASとJPモルガン]

ニュース

テンセント、香港でVirtual bank設立へ[中国]

ニュース

昨日(11/11)のニュースまとめ

ニュース

東京大学でRipple講演[国際送金の課題]

ニュース

バーゼル銀行監督委員会による会合[暗号資産への見解]

ニュース

VeChain,CIIEで追跡システム発表[中国の動き]