ニュース

昨日(11/8)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ

  • 上海の国際輸入博覧会、ブロックチェーン連合形成
  • ロシア政府、犯罪者のビットコイン没収を可能にする法案計画
  • 凸版印刷、実践的なサイバーセキュリティ人材育成の新会社設立
  • LVCが運営するBITMAX、キャンペーン開始
  • Ripple社が開催するカンファレンス[SWELL]2日目
  • FBI長官、暗号通貨を安全保障上の脅威として認識

更新記事

欧州連合(EU)はステーブルコインの規制策定のための検討を行う。10月に開催されたG20財務大臣・中央銀行総裁会議では「懸念が払しょくされるまで発行は認めない」という方針が決定したものの、ステーブルコイン含めた暗号通貨を法的根拠に基づき規制することが可能なものが欧州には存在しない。Libraの開発を担うCalibraがスイスに拠点を構えていることから欧州では統一した規制整備への動きを強める。

 

Ripple社が主催のカンファレンス[SWELL]が開幕。銀行口座の普及率が90%以上を超え、金融サービスを容易に受けることが可能な日本においては想像することが難しいが、世界人口の70%は金融機関にアクセスできていない状態である。そうしたなかでのRipple社の取り組みは、この金融サービスを受けにくい方の状況を改善すると期待されている。

 

LINE株式会社のグループ会社であり国内仮想通貨交換業者LVC株式会社が運営する取引所BITMAXにて、キャンペーンが開催されている。チャットサービスとしてだけでなく決済手段としても幅広く利用されているLINEの中で利用できる暗号通貨サービスであるため、若年層の暗号通貨投資を後押しするのではないかと期待されている。

 

関連記事

  1. DMM,キャンペーン開催[XEMを対象から除外]

  2. 中国の取引所が10月末までに取引停止

  3. ブロックチェーン技術、韓国・マレーシアが共同開発

  4. 金融機関、KYCの共同化[日本]

  5. Coinbase,ビットコインキャッシュで大儲け?

  6. [金融広報中央委員会]知るぽると、[わたしはダマサレナイ!!]を掲載

PAGE TOP

ニュース

XLM、予定通り上場[JVCEAの新規取り扱い銘柄に追加]

ニュース

SBIと福島銀提携[金融機関の再編]

ニュース

シンガポール、国際送金効率化へ[MASとJPモルガン]

ニュース

テンセント、香港でVirtual bank設立へ[中国]

ニュース

昨日(11/11)のニュースまとめ

ニュース

東京大学でRipple講演[国際送金の課題]

ニュース

バーゼル銀行監督委員会による会合[暗号資産への見解]

ニュース

VeChain,CIIEで追跡システム発表[中国の動き]