ニュース

「日本代表」について語る成田童夢[有名人の詐欺加担]

記事のポイント

  • 過去複数回詐欺商材に加担
  • 有名人の宣伝には注意を

トリノオリンピックに出場した成田童夢氏は、ライバル選手であった国母和宏容疑者が大麻取締法違反容疑で逮捕されたことに関して「日本代表」の責任を語った。しかし同氏は過去複数回詐欺商材に加担している人物である。スポーツ選手や芸能人、元議員などの有名人を広告塔とする詐欺は数多く存在する。有名人との信頼と商品の安全性は別物であることに注意して、慎重に評価することが重要である。

 

「代表」の信頼、成田童夢

117日、トリノオリンピックに出場した成田童夢氏は、ライバル選手であった国母和宏容疑者が大麻取締法違反容疑で逮捕されたことに関してフジテレビ系「とくダネ!」で心情を語った。成田氏は国母容疑者に対して「相当ショック。影響がすごい」「一度でもオリンピックに出たら日本代表。死ぬまでついて回るもの」と厳しく語った。

ただ、国母容疑者に対して厳しく「日本代表」やその信頼について語る成田童夢氏だが、同氏は少なくとも下記の詐欺商材にて「元オリンピック日本代表」という肩書を利用し加担した過去を持っている。

  • THE HANABI PROJECT
  • THE TIME PROJECT
  • ALLIANCE

 

有名人を広告塔とした詐欺にはご注意を

元議員や元大手企業関係者、モデルや芸能人、スポーツ選手と様々な有名人が数多く存在するが、こうした有名人を広告塔とするプロジェクトには注意が必要である。暗号通貨関連詐欺においても有名人による広告で有名となったコインは数多く存在するが、例えいかに優れた人物が紹介していようとプロジェクト・商品そのものの価値には関係がない。

特に有名人が「信じてください」「背負っていきます」などと具体的な根拠も何も示さずに、自身の肩書だけを理由に投資・購入することを進めるものに関しては詐欺の可能性が非常に高い。投資・購入を検討する際には、販売を行う業者が本当に販売・営業を行うに必要な認可を取得した業者であるか、商品そのものが信頼できるものか、広告をしている人物・肩書関係なしに判断することが重要である。

 

関連記事

 


参考:Livedoor’NEWS[成田童夢氏、逮捕の国母容疑者はスノボ界の「レジェンド」「相当ショック」]

関連記事

  1. フランスはICOを推進か

  2. 金融庁、コインチェック以外の取引所も調査へ

  3. 先進国で進む店舗・ATMの減少[サービスとデジタル銀行]

  4. 昨日(1/16)のニュースまとめ

  5. マネックス、新たな暗号通貨サービス提供[情報格差是正を目的]

  6. 韓国、暗号資産課税枠組み・規制を発表

PAGE TOP

ニュース

TradeStation、Bakkt・CME提供オプションに対応[マネックス]

ニュース

昨日(1/28)のニュースまとめ

ニュース

イスラエル、規制に関する意見募集[暗号通貨・ブロックチェーン]

ニュース

TCC(Trade Coin Club)とは[コインの森なんでも相談]

ニュース

ドイツ銀行「暗号通貨は決済手段としての可能性を秘めている」

ニュース

イラン、マイニングライセンス付与[経済制裁回避と電力供給]

コラム

為替相場は絶好のトレーニング場 ”仏のR”の特別講座”

ニュース

[金融サービス仲介業]の新設とフィンテック推進[金融商品販売法]