ニュース

ハイコインを保有しているが足取りはつかめるか[コインの森なんでも相談]

質問のポイント

  • ハイコインを保有しているが足取りはつかめるか
  • 運営団体も企業情報もないため追跡は困難
  • 詐欺かどうかの判断基準

いつもコインの森をご愛読いただき誠にありがとうございます。今回、新たな質問が寄せられたので、回答させていただきます。コインの森ではページ下の「問い合わせ」からいつでも無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。内容によっては対応ができない場合もございますが、ご了承ください。また相談をされる際は、当サイトの返信メールを受信できるよう、ドメイン「coinsforest.com」の受信許可設定をお願いいたします。拒絶された場合の再送信は致しませんのでご了承ください。今回の質問は以下のものになります。

ハイコインを保有しているのですが、詐欺だった場合足取りはやはり掴めないでしょうか?

  • 金融サービス利用者相談室 0570-0168811
  • 消費者ホットライン    188
  • 警察相談専用電話     #9110

 

回答:困難です

HaicoinWORTHというプロジェクトで獲得できるものであり、同プロジェクトは最低でも資産20倍を約束しています。そのWORTHのプライバシーポリシーは以下の通りです。

「本ページに記載されているものは、いかなる種類の投資または投資勧誘の目論見書を構成するものでもなく、いかなる管轄の証券を購入するオファーの勧誘または勧誘にも関係しないものとします。このうぉぶサイトは投資家を守るために設計された法域の法律や規則に従って作成されたものではなく、対象となりません。ここに提供される情報は、そのような提供、勧誘または販売が違法となる管轄区域におけるHaiCoinの提供、勧誘または販売を構成するものではありません(一部抜粋)

つまり「HaiCoin投資」を勧めているが法律は知りません。関係ないです、と明言しているのです。実際に同プロジェクトのホワイトペーパーが存在しないどころか開発に携わるプロジェクトチームの紹介や運営企業等の情報も一切開示されていません。足取りをつかもうにも情報が少ないため困難な状況となっています。

 

詐欺かどうか判断する基準

暗号通貨プロジェクト関連の詐欺においては、まずその根幹となる技術開発計画などが記載されているホワイトペーパーが存在するかで判断することが可能です。ただし、ホワイトペーパーが存在するからといって安全であると断定することはできません。下記の項目を確認し、自身で技術的にも法律的にも大丈夫だと判断してから、投資を行うかの判断を行ってください。ご自身で安全性の判断ができない場合は詐欺にあう可能性が高くなりますので、手を引くことをお勧めいたします。

  • セミナーや友人・メルマガでの勧誘(ねずみ講)
  • 代理店による販売(認可を受けた業者か)
  • 元本保証(金商法違反)
  • 有名人が参加している
  • ホワイトペーパーの有無
  • プロジェクト運営団体・企業・責任者が不明

顧客に投資勧誘を行う際に、虚偽情報を伝える行為や不確実事項に関して確実であると誤解を招く行為は金融商品取引法第36条によって禁じられています。金商法上で規制当局によって認可を受けている業者はこの法律を守ることが義務付けられており、虚偽情報・誇大広告・元本保証といったことを行えるのはこの義務を負わない「違法業者」のみとなります。つまり投資において不確定な利益についてまるで確実に手に貼るように「何倍確定」というような勧誘を行う業者は違法業者である可能性が非常に高く信頼するに値しません。

また、金融商品取引法第40条第1号の適合性原則においては、顧客の知識・経験及び財産状況に対して適切な投資勧誘を行うことが定められており、こうした顧客の投資経験・財産状況を一切考慮せずに、一方的な勧誘を行う業者は硫黄行為を行っていますので、情報を鵜呑みにせず関係を断つことをお勧めいたします。

 

まとめ

セミナーや友人からの勧誘を信用してしまう方が多く存在します。儲け話を自分で独占せずに、わざわざ持ってくる人間は何を目的としているのでしょうか。「いいことのおすそわけ」であるのであれば、どうして強引に「絶対に儲かる」「やらないなんて信じられない」と勧誘を行うのでしょうか。特に暗号通貨を悪用した詐欺では、「代わりにコインを買っておく」といって資金だけを奪う詐欺も存在します。

自分で投資リスクを正しく認識できるほど、投資分野への知識があるか、投資に関する知識があるか、日本の法律に抵触していないかそれらを確認したうえで投資判断を行ってください。

 

関連記事

 


コインの森ではいつでも無料相談を受け付けておりますが、すぐさますべての質問に対して対応できるわけではなく、回答までに多少お時間をいただいてしまいますことを予めご了承ください。また、メールでの回答をさせていただいても、拒否設定になっている場合はお返事ができませんので設定確認をお願い致します。

※本記事は暗号通貨関連情報の共有・説明を目的としたものであり、暗号通貨投資を勧めるものではございません。投資を検討する場合には暗号通貨が法定通貨と異なり、価値が保障されているものではないということを理解したうえで、事業内容・企業等をよく確認し、リスクを十分に理解して、自己判断・自己責任で行ってください。暗号通貨は必ずしも裏付けとなる資産を持つわけではなく、価格が急騰・急落する可能性のほか、突然無価値になってしまう可能性も存在します。取引を行う際にはその可能性を十分理解してから行ってください。また、暗号通貨を悪用した詐欺も増えておりますので、悪徳商法や詐欺には十分ご注意ください。

関連記事

  1. 話題のBitMEXとは

  2. ビットコイン決済Coinifyがスウェーデン大手銀行などから400万ド…

  3. SBLOKで出金できない[コインの森 なんでも相談室]

  4. 第二回「仮想通貨交換業者等に関する研究会」開催

  5. スイス国立銀行が仮想通貨へ言及

  6. キャッシュレス決済サービス[pring]

PAGE TOP

ニュース

XLM、予定通り上場[JVCEAの新規取り扱い銘柄に追加]

ニュース

SBIと福島銀提携[金融機関の再編]

ニュース

シンガポール、国際送金効率化へ[MASとJPモルガン]

ニュース

テンセント、香港でVirtual bank設立へ[中国]

ニュース

昨日(11/11)のニュースまとめ

ニュース

東京大学でRipple講演[国際送金の課題]

ニュース

バーゼル銀行監督委員会による会合[暗号資産への見解]

ニュース

VeChain,CIIEで追跡システム発表[中国の動き]