ニュース

bitcastleという取引所でhaicoinという仮想通貨を保有[コインの森なんでも相談]

質問のポイント

  • bitcastleという取引所でhaicoinという仮想通貨を保有
  • Bitcastleから他の取引所へ送金する
  • Haicoinとは
  • IEOの安全性
  • IEOという仕組みの安全性≠プロジェクトの安全性

いつもコインの森をご愛読いただき誠にありがとうございます。今回、新たな質問が寄せられたので、回答させていただきます。コインの森ではページ下の「問い合わせ」からいつでも無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。内容によっては対応ができない場合もございますが、ご了承ください。また相談をされる際は、当サイトの返信メールを受信できるよう、ドメイン「coinsforest.com」の受信許可設定をお願いいたします。拒絶された場合の再送信は致しませんのでご了承ください。今回の質問は以下のものになります。

bitcastleという取引所でhaicoinという仮想通貨を保有してます。明日上場するそうなんですが、即換金を考えてます。しかしbitcoinに両替後、日本円に換金出来る取引所に送らないと駄目。的な事を言われました。確実に詐欺にあったっぽいんですが、少しでも戻るなら新しい取引所を開設した方が良いですか?

  • 金融サービス利用者相談室 0570-0168811
  • 消費者ホットライン    188
  • 警察相談専用電話     #9110

 

Bitcastleから他の取引所へ送金する

bitcoinに両替後、日本円に換金出来る取引所に送らないと駄目。的な事を言われました。」とのことですが、質問者様が利用しているbitcastleという取引所では日本円を取り扱っていません。そのためHaicoinと交換可能なBTCETHといった暗号通貨での取得になってしまうため、日本円への換金を考えている場合はBitCastle以外の日本円を取り扱っている取引所へBTCでの送金を進めているのではないでしょうか。

質問者様がビットコインと日本円を扱っている取引所の口座を保有している場合は、その取引所へビットコインを送金することで日本円に換金することが可能と思われます。

 

haicoinとは

詐欺の可能性が非常に高いです。「Haicoin」がどんな技術で開発され、どのように運営されるかといった投資において重要な情報が一切提示されることなく「最低でも資産20倍」が約束され「実質資産40倍」を謳う大変馬鹿げたプロジェクトとなっています。工藤優作という名称の人物が大々的に宣伝しております。

同サイトでは確実に資産が増えること、ICOではなくIEOでおこなわれるため安全性が高いという主張を行っておりますが、投資において「確実」とその結果を約束するのは詐欺の可能性が非常に高いです。また、IEOICOと比較して信頼度が高いことが確かですが、だからといって「Haicoin」が信頼できるものであるのかはまた別問題です。

まともなプロジェクトであればホワイトペーパーは存在しており、調達資金の用途や開発のロードマップ、コインの利用用途、発行主体・プロジェクトチームの概要等が記載され「投資するに値するか」の判断を投資家が行えるように情報公開されます。しかしながら同プロジェクトではそうした投資判断する情報が一切開示されないまま「登録」を促し資産倍増を約束しています。具体的な計画が存在しないただの虚言である可能性が高いです。

 

IEOの安全性

IEOとはInitial Exchange Offeringの略称であり、ICOExchange(取引所)で行うといったものです。これまでのトークンを利用した資金調達ICOとは異なり、取引所の利用者しか売買できない仕組みであり、取引所がトークンの審査を行ってくれるためにIEOではICOと比較して利用者が安心して投資できるような環境となっているとされています。

しかしながらこれはその取引所が信頼できるかどうかに大きく左右されます。ICOではプロジェクトごとに投資家が信頼できるかどうかを行っておりましたが、IEOでは取引所がその審査を行い、各取引所の審査を通過したプロジェクトのみがIEOを行うことが可能となっています。そのため投資家はIEOをおこなう取引所が信頼できる取引所であるかを判断する必要があるのです。

BinanceCoibaseといった世界的に大きな取引所がIEOを行う際には、多くの利用者からの信頼を裏切らないよう厳格な審査を行います。実際にアメリカ大手取引所Bittrexでは予定していたIEOで、プロジェクト運営に疑念が生じたために中止判断を下し、利用者の安全性保護を優先しました。このように大手取引所においてはこれまで得た利用者からの信頼を裏切らないように審査を行う必要があり、この信頼関係のためにIEOICOと比較して安全性が高いとされているのです。

しかしながら質問者様が利用している取引所[BitCastle(ビットキャッスル)]20196月にベータ版公開と比較的新しい取引所となっています。そもそも利用者を裏切る信頼も存在しておらず、そのうえ口座登録でのBTC1億円配布キャンペーン」を取引所ではなく個人が行っている点も不審です。さらに、同キャンペーンにおいては、口座開設者がどれほど増えようと「最低3000円相当のBTC配当は保証」としており、信頼することが難しい取引所です。そんな取引所が行うIEOが「安全」と評価するのは難しいです。

 

関連記事

 


コインの森ではいつでも無料相談を受け付けておりますが、すぐさますべての質問に対して対応できるわけではなく、回答までに多少お時間をいただいてしまいますことを予めご了承ください。また、メールでの回答をさせていただいても、拒否設定になっている場合はお返事ができませんので設定確認をお願い致します。

※本記事は暗号通貨関連情報の共有・説明を目的としたものであり、暗号通貨投資を勧めるものではございません。投資を検討する場合には暗号通貨が法定通貨と異なり、価値が保障されているものではないということを理解したうえで、事業内容・企業等をよく確認し、リスクを十分に理解して、自己判断・自己責任で行ってください。暗号通貨は必ずしも裏付けとなる資産を持つわけではなく、価格が急騰・急落する可能性のほか、突然無価値になってしまう可能性も存在します。取引を行う際にはその可能性を十分理解してから行ってください。また、暗号通貨を悪用した詐欺も増えておりますので、悪徳商法や詐欺には十分ご注意ください。

関連記事

  1. ペイパルが仮想通貨決済の特許申請へ

  2. ビットコインを使ったゲーム、勝者には「1BTC」プレゼント

  3. 韓国取引所でETH流出[攻撃標的にされていたUPbit]

  4. BitTrade、アプリ配信記念でAmazonカード

  5. 楽天、独自暗号通貨を発行

  6. 1週間(5/27~6/2)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

コインの森トレード学習講座注文方法[成行・指値・逆指値]

ニュース

令和2年度税制改正大綱決定[暗号通貨税制の改正なし]

ニュース

バーゼル銀行、パブリックコメント募集[暗号通貨規制]

ニュース

オランダ大手ING,カストディサービス開発[伝統的な金融機関の動き]

ニュース

昨日(12/12)のニュースまとめ

ニュース

EVETokenとは?取引所bitcastle[コインの森]

ニュース

Nayuta、NayutaWalletソースコード公開

ニュース

BitClub、詐欺で逮捕