ニュース

BitMEXでメールアドレス流出[今取れる対策]

記事のポイント

  • BitMEXでメールアドレス流出
  • BitMEX利用者が今できること

海外大手取引所BitMEX(ビットメックス)にて利用者のメールアドレスが流出した。同取引所が対策を講じているが、一度情報が流出してしまった以上これを利用した不正アクセスなどが続出するとみられる。同取引所へ登録を行っていた方はまず以下の確認をすることをお勧めする。

 

BitMEXでメールアドレス流出

111日、海外大手取引所BitMEX(ビットメックス)にて利用者のメールアドレスが流出した。このメールアドレス流出はニュースレター配信の中でBCCに入れて送信するべきだったものをTOに入れてしまったことで起きたようだ。BCCでは、他の受信者にアドレスが見えないように連絡する場合に利用するものであり、一斉送信の際に用いられる。ただ、Toではだれ宛のメールであるのか見せるためのものであり、BCCとは異なり他の受信者にアドレスが表示されてしまう。

同取引所は現在、影響範囲を把握し問題解決のための策を講じているとしているが、公式Twitterがハッキングされたことで同取引所利用者の不安は広がっている。

  • BitMEX 最大100倍の倍率で暗号通貨取引が可能であることから、高い人気を誇る取引所

 

BitMEX利用者が今できること

BitMEXが対策を講じているが、一度情報が流出してしまった以上これを利用した不正アクセスなどが続出するとみられる。同取引所へ登録を行っていた方はまず以下の確認をすることをお勧めする。

  • BitMEXでの二段階認証設定
  • 他の取引所でのメールアドレス変更
  • 他の取引所でのパスワード変更
  • Gmailで登録している方はGoogle設定

BitMEXに登録あるいは利用している方で二段階認証を行っていない方は、まずは同取引所で二段階認証を設定する必要がある。メールアドレスが不正に取得されても、二段階認証が設けられていることで不正にアクセスされることを防止することが可能だ。

また、BitMEXへの登録アドレスと他の取引所への登録アドレスが同じ方は、他の取引所での登録メールアドレスを変更する必要がある。同取引所で流出したメールアドレスをもとに、他の取引所で不正アクセスが行われる可能性があるためだ。当然パスワードに関しても、使い回ししている方は各取引所で異なるパスワードを設定し、二段階認証設定を行っておくべきである。

さらに、BitMEXGmailでの登録を行っている方はGoogleへ不正アクセスされる可能性もあるため、BitMEXへ登録したメールアドレスを利用したサービスは一度見直しておく必要がある。

 

関連記事

 


参考:BitMEX[Statement on Email Privacy Issue Impacting Our Users]

関連記事

  1. ビットコイン関連企業XapoにVISA創設者、CitiBank元CEO…

  2. ビットコインは心理的節目1万ドル突破

  3. 昨日(3/18)のニュースまとめ

  4. フィンランド警察が追うOneCoinプロジェクト

  5. リップル550億ものロックアップが完了

  6. 仮想通貨の新団体は「みなし業者」を排除か

PAGE TOP

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

コインの森トレード学習講座注文方法[成行・指値・逆指値]

ニュース

令和2年度税制改正大綱決定[暗号通貨税制の改正なし]

ニュース

バーゼル銀行、パブリックコメント募集[暗号通貨規制]

ニュース

オランダ大手ING,カストディサービス開発[伝統的な金融機関の動き]

ニュース

昨日(12/12)のニュースまとめ

ニュース

EVETokenとは?取引所bitcastle[コインの森]

ニュース

Nayuta、NayutaWalletソースコード公開