ニュース

メガネスーパーがビットコイン決済に対応

国内でもビットコインに対応する企業が増え始めている。日本の企業同士ではまだビットコインで取引をするという事はまだほとんどないようだが、一般消費者を相手とする小売業では、ビットコインでの決済に対応する動きが進む。

 

7月の3日からリクルート系列会社のリクルートライフスタイルの提供するモバイル決済サービスである「モバイル決済 for Airレジ」がビットコインによる支払いの取り扱いを開始した。

 

それに伴って、全国でメガネの小売チェーンを展開しているメガネスーパーの国内全店舗(執筆時点で334店)で支払代金のビットコイン決済の受付を7月10日から開始する予定だ。

 

前述の通り、ビットコイン決済の受付は一部のECサイトや飲食店、家電量販店などで対応が進みつつあるが、今回リクルートライフスタイルの決済サービスがそれに対応したことで、その導入がより容易になったといえ、今後ビットコイン決済のサービスはますます増えていくことになりそうだ。

 

プレスリリースでは、今回のビットコインへの対応は、訪日した外国人などが日本国内で買い物を行う際の利便性の向上を意図したとされている。確かにビットコインならば、両替の手間などを省くことができ、結果として両替に使う手数料を節約することができる。

 

このような動きは日本のみならず、海外でも広がっており、仮想通貨がある意味で世界通貨となる日も近いのかもしれない。

関連記事

  1. 仮想通貨流失額、昨年だけで6.6億円

  2. 仮想通貨ウォレットサービスCEO「ビットコイン価格は100万ドルに到達…

  3. 仮想通貨Stellar、創設者JedとRippleLabsとの法廷闘争…

  4. アリババ、ICOも含め暗号通貨関連の一切を禁止

  5. apple、仮想通貨アプリの制限を強化

  6. 中国、中央集権型の仮想通貨開発

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

韓国の規制状況

ニュース

イーサリアム上でのアプリ作成が簡単に

ニュース

台湾は11月に新たな規制施行予定

ニュース

国内の暗号通貨決済可能店【一覧】

ニュース

国内の暗号通貨決済可能店【一覧】

ニュース

イーサリアムのブリテン氏、トロンを批判

ニュース

マイニングに対する各国の動き

ニュース

国内の暗号通貨決済可能店【一覧】