ニュース

中国政府、暗号通貨投資をけん制[習近平国家主席の発言]

記事のポイント

  • 暗号通貨投資をけん制
  • 中国でのブロックチェーン技術への動き
  • デジタル化が進む中国

習近平国家主席の発言から中国投資家の間ではブロックチェーン技術企業だけでなく、暗号通貨関連の投資を行う動きがみられた。これに対して同国政府は「投機的な行動は控えるべき」とその動きをけん制した。

 

暗号通貨投資をけん制

中国共産党中央政治局の学習会にて、習近平国家主席がブロックチェーン技術に注力するよう指示したことが報じられてから、同国内投資家は暗号通貨へ大きな監視を寄せ、投資に動いた。しかしながらこれに対して中国共産党は「投機的な行動は慎むべき」「ブロックチェーン技術の推進は暗号通貨への投資を勧めるものではない」と警告した。

同国はこれまで暗号通貨取引に関しては強い規制をかける一方で、ブロックチェーン技術に関しては政府監視下で開発・研究を進めており、技術者の優遇や巨額の投資と積極性を見せてきていた。今回の習近平国家主席の発言は、これをさらに加速させるという意味であり、これまで同様暗号通貨そのものに関しての特別な対応変更は見られないようだ。

  • ブロックチェーン技術 取引履歴を暗号技術によって過去から一本の鎖のようにつなげ、取引履歴・情報を正確に維持しようとする技術であり、P2Pネットワークを利用することで中央管理者を必要とせずにシステムを維持することが可能なものとなっている。データの改ざん・破壊に強いという特徴を持つ。

 

中国でのブロックチェーン技術への動き

中国では、2018年にはブロックチェーン技術に関する研究開発特区を設け、同分野への巨額の投資、技術者への政府による優遇措置など積極的な援助を実施。

20192月には新たにブロックチェーン情報サービスを対象とした法律を施行。国内でブロックチェーン事業を行っている企業に対して匿名性を排除するものとなっており、本格的に政府監視下の元技術発展を促進させようとする動きが見られていた。現在では同国国家インターネット情報弁公室(CAC)の認可を得た事業団体は500を超えており、同国中央銀行が研究を進めているCBDCの促進や金融・経済での同技術の実装が促進されるとされている。

そして今回の習近平国家主席の発言により、同国では今後ますますブロックチェーン技術に関連する動きが活性化するとみられている。

 

デジタル化が進む中国

中国の技術発展は凄まじい。警察が顔認証技術を導入し、カメラとソフトウェアが搭載された特殊サングラスで見回りを行い、逃走中の犯人を迅速に発見し逮捕するようになっているほか、キャッシュレス決済が普及し同国においては物理的金融インフラであるATMが急速に減少しつつある。

同国では政府と民間企業が協力して個人情報だけでなく日常行動を管理する体制となっている。例えば公共料金の支払い遅延を繰り返すと、社会における信用度が低くなる。この信用度は企業・政府で共有しているため、信頼度の低さから賃貸契約が拒否されたり、サービスを受けることが難しくなったり、リスクが高い顧客とみなされ他の人より割高な料金を請求されるようになってしまう。いまやネットショッピングや店舗での決済だけでなく、納税やホテルの予約・飛行機・電車・借金の返済・個人間のお金のやり取りも何もかもスマホでの決済が支えている同国では個人の資金の動きを把握することは容易になっている。つまり、すべての行動は管理されており、悪事を働けば社会から締め出される体制になっているのである。

特に近年の同国ではスマホも必要とせず、顔認証で決済が可能となりつつあり個人情報は政府に管理されている状況である。こうした管理環境の中で厳重な情報管理は必要であり、ブロックチェーン技術が注目されているのである。

社会主義的体制である同国ではもともと情報の一元管理という仕組みが存在しており、個人情報を政府が管理するという土壌が存在していたことが、今現在の日常行動までも管理する体制を作りやすくしたのだろうとされている。デジタル化において情報は重要なものであり、これらを取得できる環境が整備されていることで、同国はデジタル化において大きく成長していくだろうと予想されている。

 

まとめ

中国政府はあくまでブロックチェーンに対する動きを促進させようとするものであり、暗号通貨への投機的な動きは控えるべきと警告を行ったことから、政府が暗号通貨取引に関して厳しい姿勢のままであることが判明した。ただ、同国においては政府関係機関・行政においてブロックチェーン技術導入の動きが早くもみられており、アラブ首長国連邦同様にブロックチェーン国家となるのではないかと期待されている。

 

関連記事

 


参考:CoinDexk[From Banking Giants to Tech Darlings, China Reveals Over 500 Enterprise Blockchain Projects]

関連記事

  1. ビットフライヤー、約30億円の資金を調達

  2. 北朝鮮がビットコインに参入か?

  3. 個人間取引に最適なブロックチェーン技術

  4. ジンバブエ、暗号通貨禁止措置

  5. 米マネーグラムがXRP利用

  6. 金融審議会、金融機関による情報利活用に関する制度整備

PAGE TOP

ニュース

EVETokenとは?取引所bitcastle[コインの森]

ニュース

Nayuta、NayutaWalletソースコード公開

ニュース

BitClub、詐欺で逮捕

ニュース

竹田泰氏、ステーブルコイン[xcoin]発行計画[プライベートチェーンでの発行]…

ニュース

取引所HuobiでBTC還元キャンペーン

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

1週間(12/3~12/10)のニュースまとめ

ニュース

関西電力・日本ユニシス、共同研究[ブロックチェーン]