ニュース

ロシアのバーガーキングがビットコイン決済を検討か

今や、ファーストフードの代名詞といってもいいハンバーガー。日本では、マクドナルドやモスバーガーなど、大手のハンバーガーチェーンがしのぎを削っている。その中でも、私のお気に入りのバーガーチェーンがどうやら面白いサービスを始める用意があるようだ。

 

ハンバーガーといえば、マクドナルドやモスバーガー、ロッテリアなど多くのチェーンが存在し、それぞれが独自色を打ち出している。今回注目するのが首都圏を中心としてチェーンを展開しているバーガーキングである。

 

日本では、マクドナルドなどの知名度にかなわないが、海外ではかなりの市場規模を誇っている。バーガーキングの代名詞といわれるハンバーガーのワッパーは、全世界で共通のサイズを展開しているらしく、国内で食べられるチェーン店のハンバーガーとしては、最大規模のボリュームを誇っている。

 

だが、今回はロシアのバーガーキングに着目したい。今年の夏にビットコインでの決済を予定しているというのだ。ハンバーガーチェーンのビットコイン決済は今までで訊いたことがなく、新鮮味を感じる。

 

既にロシア国内でのテストを開始しているようで、夏からは、ソフトウェアをコンペの形式で募集するようだ。

 

ロシアでは、昨年ごろまでビットコインをはじめとした仮想通貨に硬直的な姿勢を示していたが、今年に入ってから、政府全体の態度が柔軟化したことが知られている。

 

バーガーキングでは、以前からビットコイン決済を検討していたようだが、政府の許可が下りやすくなったことで、プランが実行に移されそうである。という流れだろう。

 

関連記事

  1. BTC9000ドルの下値試す、規制当局による仮想通貨取引所の取り締まり…

  2. 米国証券取引委員会がICO調査

  3. Poloniexが詐欺に利用される?

  4. イーサリアム、発生した損害に対しハードフォークを投票にて決定

  5. ETHを証券として扱う検討に反発

  6. ビットコインへの課税措置について。

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

Zaif、新規登録者キャンペーン()

ニュース

ハッカー集団とコンピュータ保守会社が結託して不正マイニング

ニュース

EOS、「分散型」への疑問

ニュース

Bithumbでハッキング、被害額確認出来ず

ニュース

ブロックチェーン技術等への制度研究会発足[日本]

ニュース

約1300%のリターンICO首謀者の資産を凍結

ニュース

XRPはAmazonで利用されるようになる

ニュース

国内取引所 フィスコ仮想通貨取引所