ニュース

八月一日のUASFまでにSegwit2x導入か

相場が安定してこないビットコインだが、その大きな原因のひとつに8月に控えるUASF(ユーザーアクティベートソフトフォーク)に向けての予測しづらさがある。

ビットコインは、開発発展とともに、開発者側と、マイニングで利益を得るマイナー側とで意識の差が明確になってきている。

 

スケーラビリティ問題などによるトランサクション遅延の問題が迫ってきていても、マイナー達は、Segwitの導入に向けて一枚岩にはならなかった。

 

そうした混乱の中でどうにか状況を打開しようと決定されたのが、UASFであり、これが行われると、ブロックチェーンが分岐してしまう可能性がある。

 

そうすると、多大な不利益が発生する恐れがあるので、期限が7月中に切られているわけだ。

 

Segwit2xはSegwitを導入したうえで、ブロックサイズを拡張するハードフォーク案であり、これを成立させるために95%の必要支持率を80パーセントまで引き下げる提案が行われている、このハードフォークが行われたのちのUASFにはそれほどのリスクがないとされている。

 

このSegwit2x案には中国企業、マイニングプール、取引所など多くの人々が賛同の意を示しており、先日ニューヨークで行われたコンセンサス2017でシルバート協定が結ばれた。

関連記事

  1. 中東初の認可取引所誕生か[中東諸国の規制一覧]

  2. 自称「サトシ・ナカモト」告訴され、約50億ドルの損害賠償

  3. 楽天が「楽天コイン」発行へ

  4. ETFとは?暗号通貨市場のこれから

  5. 「国際ブロックチェーン投資開発センター」設立中止

  6. イランはビットコインに明るい

PAGE TOP

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場