ニュース

八月一日のUASFまでにSegwit2x導入か

相場が安定してこないビットコインだが、その大きな原因のひとつに8月に控えるUASF(ユーザーアクティベートソフトフォーク)に向けての予測しづらさがある。

ビットコインは、開発発展とともに、開発者側と、マイニングで利益を得るマイナー側とで意識の差が明確になってきている。

 

スケーラビリティ問題などによるトランサクション遅延の問題が迫ってきていても、マイナー達は、Segwitの導入に向けて一枚岩にはならなかった。

 

そうした混乱の中でどうにか状況を打開しようと決定されたのが、UASFであり、これが行われると、ブロックチェーンが分岐してしまう可能性がある。

 

そうすると、多大な不利益が発生する恐れがあるので、期限が7月中に切られているわけだ。

 

Segwit2xはSegwitを導入したうえで、ブロックサイズを拡張するハードフォーク案であり、これを成立させるために95%の必要支持率を80パーセントまで引き下げる提案が行われている、このハードフォークが行われたのちのUASFにはそれほどのリスクがないとされている。

 

このSegwit2x案には中国企業、マイニングプール、取引所など多くの人々が賛同の意を示しており、先日ニューヨークで行われたコンセンサス2017でシルバート協定が結ばれた。

関連記事

  1. 富士通が新しいサービスを

  2. 全面安をどう見る?ゴールドマンサックスの見解

  3. アブダビでICOのガイダンス公表

  4. 山陰合同銀行が社内でブロックチェーン技術の実証実験を開始

  5. ビットコインのトランザクション解析技術が人身売買抑制に

  6. ビットコイン発明者、ついに判明か

PAGE TOP