ニュース

八月一日のUASFまでにSegwit2x導入か

相場が安定してこないビットコインだが、その大きな原因のひとつに8月に控えるUASF(ユーザーアクティベートソフトフォーク)に向けての予測しづらさがある。

ビットコインは、開発発展とともに、開発者側と、マイニングで利益を得るマイナー側とで意識の差が明確になってきている。

 

スケーラビリティ問題などによるトランサクション遅延の問題が迫ってきていても、マイナー達は、Segwitの導入に向けて一枚岩にはならなかった。

 

そうした混乱の中でどうにか状況を打開しようと決定されたのが、UASFであり、これが行われると、ブロックチェーンが分岐してしまう可能性がある。

 

そうすると、多大な不利益が発生する恐れがあるので、期限が7月中に切られているわけだ。

 

Segwit2xはSegwitを導入したうえで、ブロックサイズを拡張するハードフォーク案であり、これを成立させるために95%の必要支持率を80パーセントまで引き下げる提案が行われている、このハードフォークが行われたのちのUASFにはそれほどのリスクがないとされている。

 

このSegwit2x案には中国企業、マイニングプール、取引所など多くの人々が賛同の意を示しており、先日ニューヨークで行われたコンセンサス2017でシルバート協定が結ばれた。

関連記事

  1. 仮想通貨流失額、昨年だけで6.6億円

  2. 三菱東京UFJ、コインベースに出資し仮想通貨利用促進へ

  3. 韓国暗号通貨取引所CEO詐欺・横領の疑いで身柄拘束

  4. フォーブスが仮想通貨長者番付を発表

  5. bitFlyer、新たなサービス

  6. ソニーはブロックチェーンで特許

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ロシア最大の銀行ICOを実証実験

ニュース

福利厚生をブロックチェーン上で支払い、透明性確保

ニュース

1500万円相当の暗号通貨による選挙支援献金

ニュース

警察がマイニングの為に職場で盗電

ニュース

エイベック、独自電子マネー開発

ニュース

国防総省職員採用、暗号通貨の影響

ニュース

BTGにも51%攻撃の可能性

ニュース

スペイン、「暗号通貨はハイリスク、ローリターン」