ニュース

八月一日のUASFまでにSegwit2x導入か

相場が安定してこないビットコインだが、その大きな原因のひとつに8月に控えるUASF(ユーザーアクティベートソフトフォーク)に向けての予測しづらさがある。

ビットコインは、開発発展とともに、開発者側と、マイニングで利益を得るマイナー側とで意識の差が明確になってきている。

 

スケーラビリティ問題などによるトランサクション遅延の問題が迫ってきていても、マイナー達は、Segwitの導入に向けて一枚岩にはならなかった。

 

そうした混乱の中でどうにか状況を打開しようと決定されたのが、UASFであり、これが行われると、ブロックチェーンが分岐してしまう可能性がある。

 

そうすると、多大な不利益が発生する恐れがあるので、期限が7月中に切られているわけだ。

 

Segwit2xはSegwitを導入したうえで、ブロックサイズを拡張するハードフォーク案であり、これを成立させるために95%の必要支持率を80パーセントまで引き下げる提案が行われている、このハードフォークが行われたのちのUASFにはそれほどのリスクがないとされている。

 

このSegwit2x案には中国企業、マイニングプール、取引所など多くの人々が賛同の意を示しており、先日ニューヨークで行われたコンセンサス2017でシルバート協定が結ばれた。

関連記事

  1. 暗号通貨の不正利用撲滅技術

  2. ビットコインは心理的節目1万ドル突破

  3. 富士通、ブロックチェーン技術実装サービス

  4. 中国ビットメイン、米でマイニングか

  5. 沖縄のメガソーラーの権利をBTPトークンとして売買

  6. ロシア、ベネズエラの仮想通貨「ペドロ」発行を支援か

PAGE TOP

ニュース

Coinbase、唯一無二の存在となるか

ニュース

Exodus、XRPに対応

ニュース

世界、ブロックチェーン技術を選挙に活用

ニュース

NetCents、新たに5つのコインに対応

ニュース

マイニング業界のこれから

ニュース

水面下での動きが注目されている2人の大物とは…

ニュース

BITPoint、本田圭佑氏をイメージキャラクターに

ニュース

昨日(8/19)のニュースまとめ