ニュース

SBIの出資を受けるOrb,電緑と協業[ブロックチェーン]

記事のポイント

  • SBIの出資を受けるOrb,電緑と協業
  • ブロックチェーンシステムで

Orb,電緑と協業

1023日、株式がOrbと株式会社電緑は協業開始の基本合意に達したことを発表した。この協業によってOrbと電緑は、Orbが開発した[Orb DLT]を使用したシステム導入の協力体制強化を行っていく。

Orbは「Empower Community Based Economies」という理念のもと、独自の分散台帳・ブロックチェーン関連技術「Orb DLT」を活用したソリューションを提供するFintech企業である。このOrbDLTでは、様々な性格の独自通貨を複数発行し、実店舗等での決済や送金などに利用することが可能な機能をAPIで提供。通貨にはボーナスポイント付与・減価・タイムセール・他コインへの変換等の様々な動きを持たせることが可能となっており、様々なコミュニティ・地域などでニーズに合わせた通貨設計が可能であるため既存の事業に組み込みやすい設計となっている。

  • 分散型台帳技術(DLT) データを複数のサーバーで保管する技術のこと。特定の管理者をおかずに、参加者が同じ台帳を共有しながら管理を行う。ブロックチェーン技術のようにデータをブロックにしてつなげるとは限らない。

 

株式会社電緑

株式会社電緑はブロックチェーン技術を活用したステム開発で有名な株式会社LCNEMとシステム開発における両者間での技術提供及び、営業・コンサルティング領域での協業体制の強化やLibrus株式会社と金融サービスブロックチェーン関連のシステム開発事業に関する協業を行うなど他社と連携しながら、同分野でのシステムコンサルティング等を行っている。

  • ブロックチェーン技術 取引履歴を暗号技術によって過去から一本の鎖のようにつなげ、取引履歴・情報を正確に維持しようとする技術であり、P2Pネットワークを利用することで中央管理者を必要とせずにシステムを維持することが可能なものとなっている。分散され、中央管理者がいないため、データの改ざん・破壊に強いという特徴のほか、サーバーのダウンや中央管理者による不正にも強いものとなっている。

 

関連記事

 


参考:株式会社Orb[【プレスリリース】電縁との「Orb DLT」用いたシステム構築に関する協業開始について]

関連記事

  1. フォーブスが仮想通貨長者番付を発表

  2. 暗号通貨規制ガイドライン発表[韓国]

  3. GMOコイン、マネーフォワードMEと連携[資産の一元管理]

  4. Keychain、開発フレームワーク提供開始[ブロックチェーン]

  5. 昨日(8/10)のニュースまとめ

  6. Bakkt、9月23日に正式立ち上げを発表[アメリカ]

PAGE TOP

ニュース

コインの森トレード学習講座注文方法[成行・指値・逆指値]

ニュース

令和2年度税制改正大綱決定[暗号通貨税制の改正なし]

ニュース

バーゼル銀行、パブリックコメント募集[暗号通貨規制]

ニュース

オランダ大手ING,カストディサービス開発[伝統的な金融機関の動き]

ニュース

昨日(12/12)のニュースまとめ

ニュース

EVETokenとは?取引所bitcastle[コインの森]

ニュース

Nayuta、NayutaWalletソースコード公開

ニュース

BitClub、詐欺で逮捕