ニュース

Mozillaの前CEOが立ち上げたBrave、ICOにて3500万ドルを調達

インターネットブラウザのFireFoxの開発などで知られるMozillaの前CEOであるブレンダンアイク氏の立ち上げた新たな企業、Braveが仮想通貨の売却によって資金を調達するICO(イニシャルコインオファーリング)の手法で3500万ドルを調達した。

Mozillaの前CEOが立ち上げたBraveが高い注目を集めている。ICOで瞬く間に3500万ドルをかき集めたからである。要した時間は約30秒。

 

時間の異例さばかりでなく金額的に見てもこれはICOでも最大規模だという。

 

ICOでは投資家は、投資した金額に対して、いくらかの仮想通貨を受け取ることができる。Braveは今回の資金調達に際して、およそ3500万ドル分のベーシックアテンショントークン(BAT)を発行した。

 

大きな資金を持って開発されるBraveは迅速な読込機能やセキュリティに強みを持つブラウザなのだという。

 

主にWebサービスを展開する企業ではこうした資金調達の流れが増えている。株式を市場で発行しなくても電子トークンを発行して資金を確保する。

 

独自の仮想通貨を発行して新たなサービスの原資とするというやり方が確立する事でネット業界全体の在り方が変遷していくことになるのかもしれない。

 

関連記事

  1. 【PR記事】$117M(約128億円)調達済みの暗号通貨決済プロジェク…

  2. モナ祭りじゃあああ

  3. シンガポール、金融当局がFinTech分野の研究に巨額の出資を決定

  4. Tether のUSDT が怪しいと話題でビットコインが危ない?

  5. ロシア連邦中央銀行が分散型台帳技術の取引実験に成功

  6. ビットコインの高騰の裏に不正取引か?

PAGE TOP

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ