ニュース

Nayuta、ウォレットサービスを発表[LN対応]

記事のポイント

  • Nayuta、ウォレットサービスを発表
  • BitcoinLightningNetworkに対応
  • ウォレットサービスの重要性
  • 復元フレーズと資産を狙う詐欺

株式会社Nayutaはビットコイン(Bitcoin/BTC)LightningNetworkが利用できるNayuta Walletをリリースしたことを発表した。

 

Nayuta、ウォレットサービスを発表

1018日、株式会社Nayutaはビットコイン(Bitcoin/BTC)LightningNetworkが利用できるNayuta Walletをリリースしたことを発表した。同ウォレットは利用者自身が完全に資産を管理できるウォレットとなっており、サービス提供者・開発企業が管理者として機能するサービスではない。そのため、送金時に秘密鍵の盗難にあうことやサービス提供会社であるNayutaが個人の資産を凍結・利用する可能性もなく安全に資産管理をすることが可能となっている。

ただ、現時点ではオープンベータ版であり、試運用の段階であるためシステムミスなどで資産を失う可能性もあるため、利用する際には失っても問題のない少額での利用が推奨されている。

  • LightningNetwork 暗号通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)のブロックチェーン上に決済専用の層を設け、そこで決済を負担させることで即時に大量の取引処理、少額の取引も可能にする技術となっている。この技術は2015年に論文が公開され、ビットコインにあった取引手数料や取引速度といった実際に決済手段として利用する際に合った課題を解決する技術として実装が急がれている。

 

NayutaWallet

今回Nayutaが発表したウォレットサービスは以下の機能を有する。BTCPay Serverへのアクセスに対応しているほか、Bluetoothを利用し接続した端末を決済機器として利用することも可能と様々な機能が実装されている。

  • SPV / Fully Validating Node ハイブリッド
  • BTCPay Server上のLND連携とTor接続
  • ノンカストディアル型ウォレット
  • ウォッチタワー
  • オートパイロット
  • Bluetooth Low Energy対応
  • NFC対応
  • Static Channel Backup

NayutaLightning Network仕様(BOLT)に準拠したソフトウェア[Ptarmigan]をメインネットで公開した世界で4番目、日本では初の企業である。以前よりメインネットの稼働に関する試運用も行っていたが、今回はLightningNetworkに対応したウォレットサービスの試運用を開始する。

 

ウォレットサービスの重要性

ウォレットと、は暗号通貨の秘密鍵を管理するものである。秘密鍵は暗号通貨の所有権を示すものであり、「このコインは私のものです」と証明するものである。そのためウォレットのハッキングで秘密鍵が盗まれるということは「資産の所有権」を盗まれたのと同じことであり、暗号通貨が盗まれてしまうという事態につながる。ウォレットではそうした重要な暗号通貨の秘密鍵を保管するものであり、これの安全性・利便性を向上させるために世界的に研究開発が進められている。

ウォレットに関しても資産を安全に保管するものと、取引の利便性を追求したものと様々な形態があるほか、利用者の仮想通貨を管理し資産を移転させるカストディ業務に関してはそのリスクの高さや利用者保護を目的に資金決済法で規制されることが予定されているほど重要なものとなっている。

今回Nayutaが公表したサービスは利用社の指図に基づき資産管理を行うものではなく、利用者自身がカギの管理を行うものとなっている。サービス提供者による不正や凍結といった被害はないが、自己責任でパスワードや復元フレーズを保管しておく必要があるため、注意が必要である。

 

復元フレーズと資産を狙う詐欺

復元フレーズとは、ウォレットの秘密鍵を復元させることが可能な単語の組み合わせのことである。日本語や英語の単語「dog blue something…」「さいふ みそしる」などといった単語の組み合わせとなっており、前述の通り秘密鍵を復元することが可能なものになっているため、秘密鍵同様に他人に教えてはいけないものとなっている。例えばウォレットアプリを利用していたが、間違えてアンインストールしてしまった、秘密画技を忘れたといったときに利用するものとなっている。復元フレーズが奪われた場合、攻撃者がそれを利用し資産を盗まれることもあるからである。

近年ではパスワードやIDを求めるものではなく「ウォレットサービスにおいて重大な問題が生じました。資産を復元するために復元フレーズを入力してください」と復元フレーズを奪おうとするフィッシング詐欺も多く確認されているため、注意が必要である。

 

関連記事

 


参考:株式会社Nayuta[Nayuta Wallet for Android and iOS をリリースしました(オープンベータ版)]

関連記事

  1. マスターカードがブロック遅延によってシェア拡大

  2. 韓国、規制整備や投資で発展促す

  3. 仮想通貨に警戒抱くポーランド政府

  4. RippleGatewayのMr.Ripple、高機能トレードツール採…

  5. SBLOCK2.0の運用停止・換金・出金方法[コインの森なんでも相談室…

  6. SBI Ripple Asiaの為替一元化コンソーシアムに42邦銀参加…

PAGE TOP

ニュース

XLM、予定通り上場[JVCEAの新規取り扱い銘柄に追加]

ニュース

SBIと福島銀提携[金融機関の再編]

ニュース

シンガポール、国際送金効率化へ[MASとJPモルガン]

ニュース

テンセント、香港でVirtual bank設立へ[中国]

ニュース

昨日(11/11)のニュースまとめ

ニュース

東京大学でRipple講演[国際送金の課題]

ニュース

バーゼル銀行監督委員会による会合[暗号資産への見解]

ニュース

VeChain,CIIEで追跡システム発表[中国の動き]