ニュース

イーサリアムがビットコインに肉薄、将来的には逆転も。

仮想通貨(暗号通貨)が登場して以来、その話題の中心はビットコインだ。今まで常にそうだったし、これからもそうなるだろうとかなりの人々が思っていたはずだ。しかし、その圧倒的トップにいたビットコインの牙城を揺るがす事態となりつつある。

 

業界第二位の仮想通貨イーサリアムの台頭である。

 

仮想通貨の覇権が移るかもしれない。これは、仮想通貨始まって以来の大きな転換点となる可能性のある出来事だ。

 

仮想通貨ヘッジファンド、ポリチェーンキャピタルのCEOによると、2018年の末には、イーサリアムの仮想通貨イーサの価値がビットコインを上回っている可能性があるという。

 

イーサリアムは、豊富な開発資金と高い技術と生態系を有しており、ブロックチェーンの改善に関しては、ビットコインよりはるかに積極的だというのがその理由だ。つまり、ビットコインが内輪揉めで改善を行わない間にどんどんイーサリアムが先に行く可能性である。

 

イーサリアムは過去に一度分裂している。ハードフォークに反対した一派がイーサリアムクラシックを立ち上げたため、イーサリアムとイーサリアムクラシックのふたつに分かれたのである。

 

このような分裂も経て、イーサリアムは順調な成長を記録している。一方のビットコインは、なんとかスケーラビリティ問題の対策を取ろうとしているが、ハードフォークは難しい状況である。

 

このまま、イーサリアムがビットコインを抜いてしまえば、今のところ逆転は難しそうだと判断せざるをえない。

 

関連記事

  1. チリ、データ管理をイーサリアムのブロックチェーン活用

  2. 台北市はIOTAと提携発表

  3. コインチェック問題を受けてハードウォレット品薄か

  4. 韓国ソウルで独自の暗号通貨開発

  5. 暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

  6. XRPで不動産取引!

PAGE TOP

ニュース

昨日(12/14)のニュースまとめ

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘