ニュース

「近鉄しまかぜコイン」の発行へ[国内地域通貨]

記事のポイント

  • 「近鉄しまかぜコイン」の発行へ
  • 近鉄グループを中心とした15施設での利用可能
  • 近鉄とMRIの取り組み
  • 2020年度中に期間を設けない通貨の発行
  • 国内地域通貨への動き

近鉄グループホールディングス株式会社(近鉄)と株式会社三菱総合研究所(MRI)は、ブロックチェーン技術を活用自他デジタル地域通貨として[近鉄しまかぜコイン]を発行する。同コインは発行期限が設けられており、現時点では限定的な利用にとどまりそうだが近鉄は2020年度中に期限を設けない通貨発行を目指しており、独自通貨が地域経済にどこまで影響を与えるのか期待と注目とを集めている。

 

「近鉄しまかぜコイン」の発行へ

1016日、近鉄グループホールディングス株式会社(近鉄)と株式会社三菱総合研究所(MRI)は、ブロックチェーン技術を活用自他デジタル地域通貨として[近鉄しまかぜコイン]を発行する。期間は20191111日から20202131日までとなっており、過去近鉄とMRIが共同実施してきた[近鉄ハルカスコイン]の社会実験の成果に基づき実用化される。

同コインはQRコード決済となっており、入金額に10%上乗せで通貨発行が行われる。近鉄沿線の重要観光拠点である伊勢志摩地域の観光施設(志摩スペイン村や島観光ホテル等)や飲食店などで決済に利用できる。利用者は伊勢志摩地域の特急券窓口などで最大10万円分までチャージし、前述の通り決済に利用するほか個人間での譲渡も可能となっている。しかし、前述の通り発行期間が設けられており、期間終了後はコインが消滅し払い戻しはできないため注意が必要である。

 

近鉄とMRIの取り組み

近鉄とMRIは今回の近鉄しまかぜコイン発行までに様々な検証・実験を行ってきた。20179月からブロックチェーン技術を活用した決済システムの技術的検証やこれらを運用した際の課題確認を目的とした検証を実施。201810月からQRコードでの決済方式を導入し、個人勘定と機能を導入など1回目での利便性における課題解決を図るとともに、利用可能店舗整備。20192月には、商業地域だけでなく居住地に近いエリアでの検証を行い、地域通貨の実証実験を実施。また、MRIはブロックチェーン技術を基盤としたサービスの開発検討を様々な企業と連携しながら行うなどの動きがある。

今回のしまかぜコインは期間を設けての発行となるが、将来的には独自のデジタルコインを導入する方針であり、この春風コインでの実証結果をもとに2020年度中に期間を設けない通貨の発行を目指している。

  • ブロックチェーン技術 取引履歴を暗号技術によって過去から一本の鎖のようにつなげ、取引履歴・情報を正確に維持しようとする技術であり、P2Pネットワークを利用することで中央管理者を必要とせずにシステムを維持することが可能なものとなっている。分散され、中央管理者がいないため、データの改ざん・破壊に強いという特徴のほか、サーバーのダウンや中央管理者による不正にも強いものとなっている。

 

国内地域コイン

国内では、市町村などといった特定コミュニティ内での利用を目的とした独自通貨の開発・活用が注目されている。金融機関であるSBIは、新たな金融構築や地域金融機関の再構築を目的に地域金融機関との連携強化や地域通貨発行への支援を行うなどの動きを見せている。また、8月には日本大手国際的ブランドJCBが、トークンエコノミーに関する戦略的パートナーシップ契約をカウリー株式会社と締結。ステーブルコインのあり方やコミュニティ通貨サービスプラットフォーム展開の検討を進めているなど、日本でのトークンエコノミー・コミュニティ通貨サービスに関する注目度が高まっている。

今回発行が発表された「しまかぜコイン」は近鉄沿線の重要観光拠点である伊勢志摩地域での更なる旅客誘致を図り、同地域の競争力を高めることを目的としている。このように地域通貨を導入することで、イベント参加でのポイント付与や観光名物を購入することでの還元など様々な行動に対応することが可能である設計であるため、既存のスタンプラリーやクーポンよりも不正や無駄が少ないとして注目されているのである。

 

まとめ

近鉄は三菱総合研究所とともに、しまかぜコインを期間限定で発行する。将来的には期間を設けず近鉄グループ内で広く利用できるコイン発行を目指す。近鉄だけでなく、JCBなど国内大手企業・行政らがこの独自経済活性化への貢献が期待されている独自コインに注目している。

 

関連記事

 


参考:近鉄グループホールディングス株式会社[伊勢志摩地域においてデジタル地域通貨「近鉄しまかぜコイン」を発行 ~ブロックチェーン基盤を使用し、サービスのデジタル化・データ活用による新たな沿線活性化モデルを目指す~]

関連記事

  1. ビットコインと金の価格が逆転

  2. 国税庁、確定申告促す環境整備

  3. インド大手商業銀行とRipple社提携[国際送金の利便性向上]

  4. XRP関連ニュースまとめ

  5. ベネズエラ、国営ホテル再建でペトロ導入

  6. DigglueとGinco、ブロックチェーン教育コンテンツ等で業務提携…

PAGE TOP

ニュース

XLM、予定通り上場[JVCEAの新規取り扱い銘柄に追加]

ニュース

SBIと福島銀提携[金融機関の再編]

ニュース

シンガポール、国際送金効率化へ[MASとJPモルガン]

ニュース

テンセント、香港でVirtual bank設立へ[中国]

ニュース

昨日(11/11)のニュースまとめ

ニュース

東京大学でRipple講演[国際送金の課題]

ニュース

バーゼル銀行監督委員会による会合[暗号資産への見解]

ニュース

VeChain,CIIEで追跡システム発表[中国の動き]