ニュース

バードよりXIDと言うコインを購入しています[コインの森なんでも相談室]

質問のポイント

  • 株式会社バードよりXIDと言うコインを購入しています
  • 詐欺の可能性が高いです
  • XIDとは

いつもコインの森をご愛読いただき誠にありがとうございます。今回、新たな質問が寄せられたので、回答させていただきます。コインの森ではページ下の「問い合わせ」からいつでも無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。内容によっては対応ができない場合もございますが、ご了承ください。また相談をされる際は、当サイトの返信メールを受信できるよう、ドメイン「coinsforest.com」の受信許可設定をお願いいたします。拒絶された場合の再送信は致しませんのでご了承ください。今回の質問は以下のものになります。

株式会社バードよりXIDと言うコインを購入しています。詐欺かもと思いれんらくしました。

  • 金融サービス利用者相談室 0570-0168811
  • 消費者ホットライン    188
  • 警察相談専用電話     #9110

 

回答:詐欺の可能性が高いです

詐欺の可能性が高いです。まず、株式会社バードは以下の事業を行っているとしています。

  • 海外不動産紹介
  • 海外不動産物件の現地視察に関するサポート
  • 海外不動産の購入手続き・住宅ローン申請のサポート
  • 海外投資に関するコンサルティング
  • デジタルコイン(仮想通貨)の販売、斡旋
  • 日本食ブランド海外出店コンサルティング

この中の「デジタルコイン(仮想通貨)の販売、斡旋」として[XID]という名称の仮想通貨を販売しているとのことですが、日本では仮想通貨交換業を行うには規制当局の認可が必要となっています。仮想通貨交換業とは、①,仮想通貨の売買的は他の仮想通貨との交換 1に掲げる行為の媒介、取次または代理 1・2に掲げる行為に関して利用者の金銭又は仮想通貨の管理を行うといったいずれかの行為を不特定多数肉理解し行うことを指します。この株式会社バードが行う「デジタルコイン(仮想通貨)の販売、斡旋」は①に該当し、認可が必要となりますが、現在仮想通貨交換業の認可を得ているのは20社であり、この中に同社の名称は存在しません。

また、同社の住所は[東京都中央区日本橋人形町1-11-12 リガーレ日本橋人形町アネックスB204]と表記されていますが、同住所で検索すると同一の住所を利用している企業が多く存在しており、住所は虚偽である可能性が高いです。仮に企業が存在していても、認可を得ずに事業を行っていることから信用するに値しない企業ですので、手を引くことをお勧めいたします。

 

XIDとは

バード社が販売しているXIDcoin(International Diamond)とは、同じく[XID]の名称で流通しているSphreAIRとは異なる暗号通貨となっています。ダイヤモンドを価値の担保として発行しているコインであると説明されているものの、どのような技術が採用されているのか、発行システム、開発ロードマップといったコインそのものの説明はなく、いかにダイヤモンドが優れた資産であるのかを説明し、金融機関への不信感や株式市場の低迷等を憂う内容が主なホワイトペーパーとは名ばかりの説明書となっています。

この説明通りであるのであれば、発行システムや収納代行が不透明であるXIDを購入するより、認可を持った宝石販売からダイヤモンドを購入した方がよいでしょう。

また、同コイン購入時に要求する顧客個人情報は、バード社の関連会社であるとされる株式会社IIRが委託するとされていますが、IIR社の際とは提供しているサービス内容がどのようなものであるのかわからない状態となっています。安全性は非常に低いです。

 

まとめ

「簡単に儲かる」「リスクなし」「簡単」「これをするだけ」などと、消費者の心理を突いて誘い込む文句を謳い、勧誘を行う詐欺は多く存在します。こう言った勧誘を受けてしまう方は「実態や仕組みがわからないのにも関わらず、手を出してしまう」あるいは「知人からの勧誘を断り切れない」といった傾向にあります。勧誘を受けたとしても、実際に手を出すかどうかの判断は自分自身で行う必要があります。「OOが儲かるといった」「みんなOOといっている」ではなく、なぜ自分がそれを信頼し、参加しようと思ったのか、その根拠はどこにあるのかを冷静に整理して行動しましょう。

 

関連記事

 


コインの森ではいつでも無料相談を受け付けておりますが、すぐさますべての質問に対して対応できるわけではなく、回答までに多少お時間をいただいてしまいますことを予めご了承ください。また、メールでの回答をさせていただいても、拒否設定になっている場合はお返事ができませんので設定確認をお願い致します。

※本記事は暗号通貨関連情報の共有・説明を目的としたものであり、暗号通貨投資を勧めるものではございません。投資を検討する場合には暗号通貨が法定通貨と異なり、価値が保障されているものではないということを理解したうえで、事業内容・企業等をよく確認し、リスクを十分に理解して、自己判断・自己責任で行ってください。暗号通貨は必ずしも裏付けとなる資産を持つわけではなく、価格が急騰・急落する可能性のほか、突然無価値になってしまう可能性も存在します。取引を行う際にはその可能性を十分理解してから行ってください。また、暗号通貨を悪用した詐欺も増えておりますので、悪徳商法や詐欺には十分ご注意ください。

関連記事

  1. ビル・ゲイツ、BTCを批判

  2. [注意喚起]JVCEAの類似サイト確認

  3. ロシア財務省、ビットコインユーザーの取締を強化

  4. 米連邦捜査局、仮想通貨の主要規制に乗り出す可能性も

  5. 暗号通貨ギフトカード提供[Coinbase]

  6. 昨日(9/12)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

XLM、予定通り上場[JVCEAの新規取り扱い銘柄に追加]

ニュース

SBIと福島銀提携[金融機関の再編]

ニュース

シンガポール、国際送金効率化へ[MASとJPモルガン]

ニュース

テンセント、香港でVirtual bank設立へ[中国]

ニュース

昨日(11/11)のニュースまとめ

ニュース

東京大学でRipple講演[国際送金の課題]

ニュース

バーゼル銀行監督委員会による会合[暗号資産への見解]

ニュース

VeChain,CIIEで追跡システム発表[中国の動き]